「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強いボールを蹴りたい!サッカーでロングキックが上達するコツとは

2016 11/10 10:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fotokostic/Shutterstock.com

サッカーのあらゆる場面で蹴るロングキック。相手の陣地まで深く切り込み、一打逆転の可能性があるロングキックは、遠くまで飛ばしたいと誰でも望みます。しかしコツを知らないと意外に難しく、自分が思っているほど距離が出ない…と悩んでいる方に、ロングキックを蹴る方法をご紹介します。

ロングキックは一打逆転のチャンス!もっとも大切なポイントとは

サッカーでのロングキックは、試合がこう着状態だったり形勢逆転したい場合に、一打逆転する可能性がある蹴り方です。またキーパーもロングキックを多用します。
ではロングキックに大切なこととは何でしょうか?もちろん遠くまで飛ばせることは必要です。そして忘れがちなのが、方向と飛ばす位置です。ロングキックはただ単に遠くまでに飛べば良いというものではなく、思っている位置に正確に飛ばすことが、もっとも大切なポイントです。必ずボールの飛ばす方向と、着地点を見ながら練習していきましょう。

ロングキックを蹴る時によくある間違いとは?

ロングキックで遠くまで飛ばすには、何が大切なのでしょうか? そこで、まずはロングキックを蹴りたい人がやってしまう間違いをご紹介します。

1、とにかく遠くから速い助走で蹴る。
2、ちから任せで勢いをつけて蹴る。

はい…この2点は大きな間違いです。1の速い助走は正確にボールをミートできません。もちろん速い助走で正確に当てることができれば確かに飛びますが、はっきり言って難しいです。また実際の試合では、無駄に助走をつけていては、相手にボールをとられる可能性が増えてしまいます。そして2のちから任せに蹴ることも軸がぶれてしまい、距離が出ないばかりか正確な位置にすら飛びません。

おすすめの記事