「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー・ヘディング上達のコツを紹介!

2016 11/10 10:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Lordn/Shutterstock.com

全国のサッカーファンの方へ。本稿では「ヘディング」にスポットを当てたいと思います。どうやればヘディングは上手になるのか、上達のコツを5つ紹介します。

【サッカー・ヘディング上達のコツ 1】ボールに対する恐怖心をなくす

ボールを目で追いかけなければ、いつ頭に当てるのかを正確に判断することはできません。視界に物体が近づいてくると、無意識のうちに目をつぶってしまうのはよくあることです。そこに働いているのは「恐怖心」。ボールが視界に飛び込んできても恐怖心がなくなれば、目をつぶらなくなります。
いいヘディングをするためには、この恐怖心をなくすことが第一歩です。スピードのあるボールなどはやはり怖いかもしれませんが、ギリギリまで目をつぶらず、どこでボールを捉えるかの微調整をかける必要があります。

【サッカー・ヘディング上達のコツ 2】おでこできちんと捉える

ヘディングをする際、頭のどの部分でボールを捉えるべきなのか?ーベストアンサーは「おでこ」です。頭頂部で捉えると、ボールは真上に飛んで行ってしまいます。逆におでこの下部は顔面、鼻や目を怪我する危険性も高まります。ボールとの接地面積がもっとも大きいおでこで捉えることで、思い通りにヘディングすることができるようになります。ボールの軌道を見ながら、きちんとおでこで捉えるように微調整を加えることが大切です。

おすすめの記事