「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スノーボード検定・バッジテストの概要とその難易度とは?

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mny-Jhee / Shutterstock.com

スノーボードをやっていて、自分のレベルに公式な認定が欲しい方もいると思います。そんな方はスノーボードのバッジテストを受けてみてはいかがでしょうか。ここではスノーボードのバッジテストがどういう検定なのか、難易度はどれくらか、持つことでどんなメリットがあるのかなどを説明していきます。

スノーボードのバッジテストの概要

スノーボードのバッジテストはJSBA(日本スノーボード協会)が行う技術認定試験です。1級~5級まであり、それぞれの級に応じて基礎的な滑りができているかを検定員が判定し、合否を決定します。
2級~5級まではどの級からでも受けることができますが、2級以上の受験にはJSBA会員登録が必要となります。1級は2級に合格した人しか受験できません。そして1級に合格するとC級インストラクターの受講資格が得られます。

バッジテストを受けるまでの流れ

バッジテストを受験できるのはJSBA公認・認定のスノーボードスクールです。公認スクールは2016年12月現在全国に約100か所、認定スクールは約20か所あります。
受験する級を決めたら事前講習を各級ごとに1回以上受講しなくてはなりません。この受講証明書があればそのシーズン内ならどのスクールでもテストを受けられます。受験申し込みは受験当日各スクールで行います。受験料・認定料の他に、2級以上の受験にはJSBA会員証、他の級に合格している人は認定証が必要です。

おすすめの記事