「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者向けスノーボードの板の選び方からお手入れ法まですべて教えます

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by De Repente/ Shutterstock.com

ウインタースポーツの代表と言えば、オリンピックの公式種目でもあるスノーボードですね。そこで、この冬初めてスノーボードを始めようと思っている方は必見です!ここでは、初心者向けのスノーボードの板の選び方、おすすめ、値段の相場、購入先、お手入れ方法をご紹介します。

初心者向けのスノーボードの板の選び方

初心者向けのスノーボードでは、長さと固さと重さとデザインの4点がポイントで特に長さは重要です。長さを選ぶときは身長に合わせ、背が高いほど長い板を選びます。より長い方がスピードが出やすいのですが、初心者はあまりスピードを出すことがないので小回りの利く短めの板の方が滑りやすいです。
固さや重さは初心者の場合は標準を選ぶと問題はないです。つまり、初心者は癖がなく使いやすいものを選ぶと上達しやすいですね。ちなみにレンタル品は初心者向けとは限らないので参考にしない方が良いです。

初心者向けのおすすめのスノーボード用の板

初心者のスノーボードには、ターンがしやすく逆エッジしにくいものがおすすめです。逆エッジしにくい板とはつまり、柔らかい板のこと。よくしなり板を動かしやすいので慣れやすいのです。そこでおすすめのブランドを5つご紹介します。1つ目は「エラン」。軽量かつフレックスがソフトなため初心者向きです。
2つ目は「ライド」。低価格で高品質。デザインもポップで女性向きです。3つ目は「ステップチャイルド」。グラフティックなデザインが人気を呼んでいます。4つ目は「サブリナ」。女性向きに脚力がなくても滑りやすい構造になっています。5つ目は「ニキータ」。ガールズブランドでありながら機能性も重視しています。

初心者向けのスノーボード用板の値段の相場

初心者向けのスノーボードにお金をかけることはありません。最新の品の相場は5万円前後くらいですが、有名ブランドの型落ち品ならば半額近くで手に入るのでねらい目です。また、初心者だと道具をすべて揃えることになるので、板とブーツとビンディングなどがセットになっているものを購入する方がお買い得です。
単品の板の価格とあまり差はありません。しかし、あまりに安価なものは滑りにくく結果的に新しい板に買い替えることになることがありますので値段だけに惑わされないようにしましょう。

初心者向けのスノーボード用板の入手方法

初心者向けのスノーボードとゴーグルはインターネットのショッピングサイトにたくさん売られています。サイズなどの詳細や色々な角度からの画像やレビューが掲載されていて買いに行く時間のない方にはおすすめです。しかも、玄関先まで宅配業者が配達してくれるので楽です。
しかし、実際に手に取ってみたい方あるいは、店員さんのアドバイスを受けたい方は市販のスポーツ店に行かれると良いでしょう。また、シーズンの終わりならセールで半額前後の値段で購入できお得です。

初心者向けのスノーボード用板の購入後のお手入れ方法

購入した直後のソールにはすでにワックスがかかっているので滑りやすくなっていますが、何度も滑走するにつれて剥がれてきますので、スプレータイプの簡易ワックスかホットワックスをかけます。使用後は板の水気をふき取ってからソールの汚れを落とすためにホットワックスかリムーバーでお手入れします。
また、ソールがえぐれていたりエッジが曲がっていないか確認し、修理が必要ならチューンナップ屋さんに依頼しましょう。そして、ベースワックスをかけたら剥がさずに翌シーズンまで保管します。

まとめ

いかがでしたか?スノーボードを始められて道具選びほど楽しいことはありません。中級、上級レベルになるとさらに選択枠が増えて楽しくなります。気に入って買った板は来シーズンも快適に使えるように使いっぱなし買いっぱなしではなくきっちりメンテナンスをしましょう。

関連記事

おすすめの記事