「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スノーボード初心者でも安心、押さえておきたいビンディングの選び方!

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by http://www.transworldweb.jp/snow/

スノーボードを始める上で重要になるのがビンディング(ブーツとスノーボードの板を結びつけるパーツ)選び。自分に合ったものを選べばスノーボードの上達にも違いが出てきます。体の動きを板に伝える重要な役割があるビンディングを失敗なく選べるポイントをお伝えします。

スノーボードのビンディングの種類と選び方

ビンディングの種類はストラップとステップインの大きく分けて2タイプです。
ストラップタイプの方が一般的でステップイン用以外のほとんどのブーツで使用可能です。ビンディングに2本のストラップがあり、ラテェットという金具でブーツを固定するタイプです。グローブをはめた手でも使いやすいのが特徴です。ステップインは立ったままでブーツとビンディングの金具の位置を合わせればワンタッチで踏み込めばセットできるタイプです。手を使わなくても装着でき簡単で早いのが特徴です。

スノーボードのビンディングの取り付け方と選び方

ビンディングを板に取り付ける際の基本的な取り付け方は、ねじ穴を見ながら穴にあったドライバーでしっかりと板に取り付けることです。メジャーがあると正確に調整しながら行うことができるので初めての人にはあると便利です。ブーツをはめてみてブーツのかかとをヒールカップの奥までしっかるはまるかを確認します。ストラップタイプのものは位置の調節が重要になり、ど真ん中でブーツを履けるようにしておくと滑りやすく快適になります。

スノーボードのビンディングの幅と選び方

ビンディングの位置は肩幅よりもちょっと広いぐらいがちょうどよいサイズとされています。スノーボードを滑る際は膝を曲げる動きが多いためにその動きが楽にできる幅が一番快適になります。他にもターンをしやすくする場合はビンディングを狭めに調節しておくとスノーボードをコントロールしやすくなります。滑るときに安定している方がいい場合はビンディングを広めに調節しておくと重心が自然と下へ落ちるのでスピードを出したときにもバランスがとりやすくなります。

スノーボードのビンディングのサイズと選び方

ビンディングのサイズを決める際にはブーツとの調節が大切になります。ビンディングにもサイズがあり、自分の選んだブーツに合わせてサイズを選ぶことができますが、締め付けた際に締め付け具合や固定感が微妙なものもあります。そのために必ず購入する際には実際に履くブーツと合わせて購入することが必須です。購入するときにはブーツがしっかりと固定されて動かないかどうか、前に倒したときにパッドが邪魔にならないかどうかを確認して購入をしましょう。

スノーボードのビンディングの角度と選び方

ビンディングの角度には個人差があるために自分にぴったりの角度は地道に見つけていくことが大切です。スノーボード初心者の場合は前足のビンディングの角度は片足で進んだときにバランスがとりやすくて簡単にボードが扱える角度にすることをお勧めします。簡単に言うと前足だけでスノーボードに簡単に乗ることができる角度です。後ろ足はだいたい真横がいいでしょう。進行方向に対して垂直になっているか少し角度がついているくらいがちょうどいいです。

まとめ

ビンディングはスノーボードにとって欠かせないアイテムの一つです。ビンディングを自分にぴったりのものを選ぶためには合わせてブーツも一緒に購入すれば失敗が少なくて良いでしょう。安全で快適なスノーボードライフのために妥協のないビンディング選びをおすすめします。

関連記事

おすすめの記事