「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

よりかっこよく難しい技に挑戦!スノーボード上級者向けのグラトリ

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by eWilding / Shutterstock.com

スノーボードをただ滑るだけではなくかっこいいグランドトリックを決めたらゲレンデにいる人たちの視線をくぎ付けにすることもできます。基本の滑り方だけでは物足りなくなってきた人に向けて少し難しいグランドトリックを紹介します。

スノーボード上級者向けグラトリオーリーに挑戦

基本のオーリー(テールのしならせボードの反動で飛び上がる、またはジャンプの高さを出すテクニック)よりも高くジャンプするのが上級オーリーです。
基本姿勢で直滑降に滑りながら両膝をしっかりと曲げ姿勢を低くして真下にしゃがみ重心を真ん中に保ちます。左肩と左手をノーズ方向の上に引き上げながら右足の側面で踏切をしてオーリーをします。この時に右足の側面でしっかり踏み切ることでボードをしならせてより高く飛ぶことが可能です。宙に浮いたら両膝を引き上げ、着地に合わせて両足を伸ばし、両膝でしっかり着地の衝撃を吸収しながら着地します。

スノーボード上級者向けグラトリ、オーリーテールタップ

オーリーテールタップはオーリーをして宙に飛んでいる間に手を地面に当て込むグランドトリックです。オーリーをするために基本姿勢から低い姿勢になり、しっかりとオーリーをしてスノーボードが反発をしてきても右足を伸ばした状態にして右ひざは引き上げないよう伸ばしたままにします。左ひざを曲げて引き上げながら右足を伸ばしてテールを地面に軽く当ててスノーボードを斜めにします。すぐに右ひざを引き上げ地面と平行にスノーボードをして着地に備えながら膝で衝撃を吸収しながら着地をして完成です。

スノーボード上級者向けグラトリ、リワインド

リワインドはノーリー(オーリーの逆で、滑っているときに前になっている足でジャンプするグラトリ)をしてテールタップ(空中にいる間にテールを雪面に当て込む)するグランドトリックです。
ノーリーをしてB/S(バックサイド)側にスピンをするように踏み切ります。B/S側に20度ぐらい回るようにしっかりと高くノーリーをします。お尻よりも前に飛ぶイメージをしましょう。ノーリーをしながら左膝を引きつつ右手を前に出して右足は後ろに引きながら上体をひねります。左肩は引いて右肩を前に出しつつ右足を後ろの下側に伸ばしてテールタップを行い体をひねりなおします。右肩を閉じ、右手を後ろ右足を前に出して反対に体をひねったまま着地をして完成です。

スノーボード上級者向けグラトリ、B/S180レイト

B/S180レイトはB/S180よりも遅れてスピンするように見えるグランドトリックです。B/S180とF/Sシフティをマスターできている人が挑戦できるグランドトリックです。B/S180と同じように軽く左に振りながら滑り、より多めにスピンすることをイメージしながらトゥエッジに乗っていきます。左の肩と腰を右にしっかり回しつつ上に引き上げ、右肩を後ろに引いて左足を進んでいる方へ伸ばすように踏み切ります。左肩を前に出しながら右足を伸ばし、反対方向に体をねじりながら着地で完成です。

スノーボード上級者向けグラトリ、F/Sピポット180

F/S(フロントサイド)ピポット180はノーズを視点にスノーボードを180度回すグランドトリックです。
より高度なグランドトリックをマスターするために必要な上級者の基本になるのでぜひ覚えておきましょう。軽くトゥエッジに乗りながら少し右方向に進み、下半身だけで軽くヒールエッジに乗る感じでスピン方向に体重を左足のかかとの外側にのせノーズを支点にスノーボードを回します。下半身は左回り、上半身は右回りでスノーボードは進行方向に向けながら重心の位置を両足の中心あたりに戻していきます。ヒールエッジで着地をしたら完成です。

まとめ

スノーボードの上級者向けグラトリはまだまだいっぱいあり、いろいろなグラトリを極めていくことでよりスノーボードを楽しむことができます。ある程度上級のグラトリをマスターしたら自分だけのオリジナルグラトリを考えてもより楽しめること間違いなしです。

関連記事

おすすめの記事