「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カッコいいメンズスキーヘルメットの選び方

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mikkel Bigandt/Shutterstock.com

日本では、スキー場でヘルメットを付けていない人を多く目にします。元F1レーサーのミハエル・シューマッハは、スキー中の事故で頭部に重傷を負いましたが、ヘルメットをしていたおかげで一命を取り留める事ができました。スキーの時はヘルメットを着用しましょう!初心者向けに選び方を紹介します。

スキーヘルメットの選び方

メンズ用のスキーヘルメットを選ぶとき、デザインのカッコいい物がいいと思う男性が多いと思いますが、ヘルメットを選ぶ時に最も重要なのはサイズです。また、軽量の物の方が動きやすさがあります。
スキーのヘルメットには、大きく分けてレーシングモデルとフリースタイルモデルの2種類があります。レーシングモデルは高速スキー用で頭全体をすっぽり覆う形状であらゆる衝撃から頭部を保護します。フリースタイルモデルは、軽量設計で頭から耳までをカバーしています。一般のスキーヤー向けなのでこちらを選びましょう。
実は、日本人の頭の形は欧米人と比べて前頭骨という骨の幅が広いのです。海外から輸入されたカッコいいデザインのヘルメットが多く販売されていますが、必ず試着してサイズが合うかどうか確認してから購入しましょう。サイズは、少しきつくてもしっかり頭を覆ってくれるものを選択します。試着の際は、ヘルメットとゴーグルの相性も確認しましょう。

おすすめのスキーヘルメット

男性に人気のあるヘルメットのメーカーを紹介します。
「GIRO」のヘルメットは、上級者が被っている印象がありますが、アジア人の頭の形に合うように作られているアジアンフィットというシリーズがあるので、日本人にも向いていると評判が良いヘルメットです。
「SMITH」は、世界的な安全規格を満たしているヘルメットをつくっており、ゴーグルも同時開発しているので合わせて購入される方が多いです。
その他には日本のメーカーである「SWANS」、ストリートっぽいデザインがカッコいい「bern」、ヘルメットの形状がカッコいい「POC」や、内側の数種類のパッドでサイズの微調整が効く、「Sandbox」「RED」「Pro-Tec」などがあります。

おすすめの記事