「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カッコいいメンズスキーヘルメットの選び方

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mikkel Bigandt/Shutterstock.com

日本では、スキー場でヘルメットを付けていない人を多く目にします。元F1レーサーのミハエル・シューマッハは、スキー中の事故で頭部に重傷を負いましたが、ヘルメットをしていたおかげで一命を取り留める事ができました。スキーの時はヘルメットを着用しましょう!初心者向けに選び方を紹介します。

スキーヘルメットの選び方

メンズ用のスキーヘルメットを選ぶとき、デザインのカッコいい物がいいと思う男性が多いと思いますが、ヘルメットを選ぶ時に最も重要なのはサイズです。また、軽量の物の方が動きやすさがあります。
スキーのヘルメットには、大きく分けてレーシングモデルとフリースタイルモデルの2種類があります。レーシングモデルは高速スキー用で頭全体をすっぽり覆う形状であらゆる衝撃から頭部を保護します。フリースタイルモデルは、軽量設計で頭から耳までをカバーしています。一般のスキーヤー向けなのでこちらを選びましょう。
実は、日本人の頭の形は欧米人と比べて前頭骨という骨の幅が広いのです。海外から輸入されたカッコいいデザインのヘルメットが多く販売されていますが、必ず試着してサイズが合うかどうか確認してから購入しましょう。サイズは、少しきつくてもしっかり頭を覆ってくれるものを選択します。試着の際は、ヘルメットとゴーグルの相性も確認しましょう。

おすすめのスキーヘルメット

男性に人気のあるヘルメットのメーカーを紹介します。
「GIRO」のヘルメットは、上級者が被っている印象がありますが、アジア人の頭の形に合うように作られているアジアンフィットというシリーズがあるので、日本人にも向いていると評判が良いヘルメットです。
「SMITH」は、世界的な安全規格を満たしているヘルメットをつくっており、ゴーグルも同時開発しているので合わせて購入される方が多いです。
その他には日本のメーカーである「SWANS」、ストリートっぽいデザインがカッコいい「bern」、ヘルメットの形状がカッコいい「POC」や、内側の数種類のパッドでサイズの微調整が効く、「Sandbox」「RED」「Pro-Tec」などがあります。

スキーヘルメットの値段の相場

スキーヘルメットの値段はピンキリですが、安い物で5,000円前後、高い物だと20,000円を超えるヘルメットがあります。
ヘルメットは、世界的な安全規格に適合しているかどうかによって値段が変わります。GIRO、SMITHのヘルメット等は、高価ですが安全規格に適合しています。安全規格を通るのには費用がかかる為、その分原価が高くなるという訳です。
他には、同じメーカーの中でも値段の差はあります。値段が高いヘルメット程、良い機能が付いています。軽量、温度調節が容易に出来る、サイズの調整が容易出来る、取り付けがしやすいなどです。 もちろんデザインも値段に影響してきます。

スキーヘルメットの入手方法

スキー用のヘルメットは、スポーツショップなどで買うことができるので、気に入ったデザインを見付けたら、メンズ向けのヘルメットかどうかサイズを確認し、必ずフィッティングしてから購入しましょう。
今ではAmazonや楽天市場な-どのネットショップでも、スキーヘルメットが多く販売されています。ネットショップの方がスポーツショップより安く買える可能性もあるので、まずは店舗で試着をさせてもらってからネットショップで買う手段もあります。

スキーヘルメットを購入したあとの手入れ方法

スキーは雪上のスポーツで寒いイメージがあるかもしれませんが、動きも激しいスポーツなので汗をかきます。男性の方は特にヘルメットを被っていると蒸れてきてしまうのは仕方のない事ですが、臭い対策の為にも手入れはきちんとしましょう。
ヘルメットのメンテナンス前には、まずしっかりと乾かしましょう。乾いたらヒビや割れがないかを確認します。インナーの取り外しが可能な場合は、取り外して、取り外した部品の中でプラスチックの部品があったら中性洗剤で洗いましょう。ヘルメット全部を洗うと言うのはかなり大変ですし出来ないものもあります。
男性の方は汗をかき易いので、どうしても臭いが付いてしまうかもしれません。少しの臭いでも気になるという方は丁寧に拭いてから消臭スプレーをかけましょう。また洗濯が出来るニット帽やビーニーをヘルメットの下に被り汗を吸わせるのも臭い対策の一つの手段です。(但し被った時のサイズを考慮してからヘルメットを選びましょう。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。 ヘルメットは、命を守ってくれる道具です。シューマッハの事故以来、若者の間でもヘルメットを被ってスキーをする人が増えてきました。自分好みのカッコいいヘルメットがきっと見つかるはずです。是非探してみて下さい!

関連記事

おすすめの記事