「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オシャレなデザインがいっぱい!レディーススキーウェアの選び方

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Anna Om/Shutterstock.com

スキーを始めたいけどどんなレディーススキーウェアを選べばいいの?そんな初心者の女性の方向けにスキーウェアの選び方やおすすめ、値段の相場、入手方法、購入した後の手入れ方法などを紹介します!レディース用のスキーウェアは、オシャレでかわいいデザインの物がいっぱいあります!

スキーウェアの選び方

スキーウェア選びのメインは、デザイン、ジャンル、価格ですが、その前に最低限抑えて置きたい事をお伝えします。
スキーウェアを選ぶ時のサイズは、通常運動する際に選ぶジャージ等のサイズと同じ感覚で構いません。小さいサイズだと手足が突っ張る感じになって動き辛くなり、パンツも裾が短いとスキーブーツを履いた時に若干高さが出るので、寸足らずになってしまいます。パンツは踵ぐらいの長さが目安です。ジャケットは、インナーを着た状態で両腕の袖から手首出ないぐらいがちょうどいいです。
スノーボードと違い、裾にたるみがあると格好が悪いのでちょうどいいサイズを選びましょう。ウェアは、色んな種類によって、防水性や耐水性、蒸れを無くす効果が変わってきます。
スキーウェアは、高価で長く使いたい物ですから自分のお気に入りをじっくり探してみましょう。

スキーウェアのおすすめ

スキーウェアは、アルペンレーシング、デモ、フリーライド、バックカントリーの4つのタイプに分かれます。レジャー目的であれば比較的安価なデモタイプがおすすめです。
スキーウェアで有名なメーカーは、機能性が優れているDESCENTE(デサント)、機能性に加えてカジュアルにも力を入れているGOLDWIN(ゴールドウィン)、業界をけん引する人気ブランドのPHENIX(フェニックス)、日本製で機能性が高いMIZUNO(ミズノ)、デザイン性の高さが際立つONYONE(オンヨネ)などがあります。
人によって好みは様々ですが、耐水性等の機能は考慮しつつも気に入ったデザインのスキーウェアを選ぶことをおすすめします。

スキーウェアの値段の相場

スキーウェアの値段の相場は、安い物で上下5,000円前後、高い物で上下40,000~70,000円以上の物があります。
値段の違いの理由は、耐水性の違いです。安い物だと水が染み込みやすいので転んだり雪が降っている中では辛いかもしれません。高い物は、耐水性も抜群です。
また最新モデルの物が一番高いです。(因みに十数年前は最新だと100,000円以上しました)最新モデルも1年経つと型落ちして何割かは安くなります。1年落ちでもオシャレな物がたくさんありますので、そこを狙って買う方も多いです。

スキーウェアの入手方法

スキーウェアは、各スポーツショップ、ネットショップ等で入手する事が出来ますが、種類が多いのでショップをハシゴすることをおすすめします。例えば東京の神田小川町スポーツ用品店街では、レディース向けのオシャレなデザインのスキーウェアがたくさん置いてあります。
スキーウェアのデザインは、センスの良い物が多いので見ているだけで楽しくなってきます。自分のお気に入りを選んで試着してみましょう。
出来るだけ安く買いたいという方は、近年はAmazonや楽天市場などのネットショップの方が安く買える事があるので、店舗で試着をさせてもらってからネットショップで買う手段もあります。

スキーウェアを購入したあとの手入れの方法

スキー中は、幾ら雪の中で寒いと言っても汗をかきます。初心者の方はスキーウェアの手入れの仕方に悩む方も多いですよね。そこで手入れの方法を紹介します。
まずウェアの取り扱い表示をよく確認しましょう。洗濯機、手洗いマークが付いていればご家庭でも洗えます。水洗い不可とドライマークが付いている場合は、ご家庭では洗えないのでクリーニング店に出しましょう。
洗剤は、色褪せや型崩れを防ぎやすいおしゃれ着用洗剤の中性の物がおすすめです。汚れ部分には洗剤の原液を付けて軽く叩きましょう。次に洗濯ネットへウェアを入れ、手洗いかドライコースで洗います。またウェアは、洗濯機で脱水しても水が残りやすいので、脱水後にタオルドライをしましょう。干して十分に乾燥させたら、収納ケースに密閉して保管してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 スキーウェアを購入する時には最低限の事だけを押さえておいて、後は自分のお気に入りを探しましょう!毎年オシャレなスキーウェアが発売されており、高価にも関わらず人気商品はすぐに売り切れてしまいます。 スポーツショップへ是非足を運んでみて下さい!

関連記事

おすすめの記事