「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スケルトンの歴史に輝く名選手とは?

2017 2/9 09:26
ソリ スケルトン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by http://www.jblsf.jp

ウィンタースポーツ、スケルトン。スピードとスリルで手に汗握る勝負を見せてくれる競技です。 そんなスケルトンで戦ってきた選手には、どんな顔ぶれがいたのでしょうか。 ここでは、過去、現在を含め、実績のある名選手をご紹介します。

オリンピック金メダル1号、ジェニソン・ヒートン

ジェニソン・ヒートンは、1928年の第2回冬季オリンピック・サンモリッツ大会で初めて正式競技に採用されたスケルトンで、見事に金メダルを獲得したアメリカの選手です。
オリンピック初のスケルトン競技は男子のみ行われ、6か国から10名の選手が参加して、3回の滑走で勝負を競いました。結局、1回目で好タイムを出したジェニソン・ヒートンが合計タイム3分01秒8で競り勝ちました。2位は3分02秒8で、3本合計で1秒差という僅差でした。ちなみに、2位に入って銀メダルを獲得したのは実弟のジョン・ヒートンでした。

オリンピックで入賞した日本人・越和宏

越和宏はボブスレーで1992年のアルベールビルオリンピックを目指しましたが、選考会で敗れてスケルトンに転向します。当時スケルトンはオリンピック競技ではなく、日本では指導者もいない状態でした。それでも競技を続け、1998-1999年シーズンにドイツ・ケニックゼーで行われたワールドカップで3位入賞すると、1999-2000年シーズンの長野大会で金メダルを獲得します。
2002年のソルトレイクシティオリンピックでは日本代表として金メダルが期待されましたが、残念ながら8位に終わりました。8位に終わったとはいえ、日本のスケルトンの先駆者としての価値ある入賞でした。これ以降、オリンピックでの日本人選手の入賞はありません。

おすすめの記事