「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本の4連覇なるか!アジアラグビーチャンピオンシップ2018

2018 1/24 11:43Mimu
ラガーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月よりアジアラグビーチャンピオンシップが開幕

2018年4月「アジアラグビーチャンピオンシップ2018」が開幕する。この大会はその名の通り、アジアから20カ国以上が集まり、アジアNo.1を決める大会である。
毎年4月~6月頃に、約2カ月間をかけて開催される大規模な大会だ。日本はこの大会で目下3連覇中であり、次回大会では4連覇の期待がかかっている。
今回はこのアジアラグビーチャンピオンシップ2018の概要や注目選手などを紹介していこう。

4つのグループに分かれ、それぞれで昇格・降格がある

この大会は、若干ルールが特殊である。参加国はいくつかのグループに分けられ、成績によってそれぞれのグループの間で昇格・降格が決まる。
最上位グループが「トップ3」、そしてその下位グループが「ディビジョン1」「ディビジョン2」「ディビジョン3」という位置づけだ。

トップ3は、その名の通り上位3カ国だけが所属するグループだ。日本はこの大会を連覇中であるため、ここに属している。
3カ国で総当たり戦を行い、上位2カ国はそのままトップ3に残留、翌年の大会でもトップ3として参加できるが、最下位になった国は、ディビジョン1のトップ国と入れ替え戦を行う。入れ替え戦でトップ3の国が勝利すればそのまま残留、ディビジョン1の国が勝利すれば入れ替えとなり、翌年の大会ではその国がトップ3として参加する。

そのほかにも、ディビジョン1とディビジョン2、ディビジョン2とディビジョン3の間で、それぞれ国の入れ替えが起こる。
ただし、こちらの場合は入れ替え戦が行われるわけではなく、上位グループの最下位チームと下位グループの上位チームが自動で入れ替わることとなる。

おすすめの記事