「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

伝統のある「ボート競技」の歴史をご紹介

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ivan Smuk / Shutterstock.com

あなたはボート競技の歴史についてご存知でしょうか? ボート競技の歴史はとても古く、紀元前にまでさかのぼります。 この記事では、ボート競技の歴史を中心にご紹介します。

ボート競技の歴史

ボート競技の歴史はとても古く、紀元前1400年頃にはエジプトの石碑にスポーツとしてボート競技が実施されていたという記載があったそうです。また、13世紀頃にベネチアの祭りで開催されたボートレースの大会名「レガッタ」は、現在でも使われている名称です。
近代では、19世紀頃にイギリスで賭け事の一環として行われていたボートレースによって、ボート人気が高まったと言われています。オリンピックでは、1900年の第2回パリ大会から採用されています(女子は1976年のモントリオール大会から)。

ボート競技の種類

ボート競技は、ローイング、漕艇、端艇、競漕など、さまざまな呼び方が存在しています。
競技の種類は、大きく分けると、大き目のオールを1人で1本持って漕ぐスウィープ種目と、小さ目のオールを1人で2本持って漕ぐスカル種目の2つがあります。そこからさらに、舵手つき種目、舵手なし種目、また乗員数によって、エイト、フォア、ペア、シングルスカルなど、細かく種類が分かれます。
距離は、国際大会では通常2000mで開催されますが、日本では直線の確保が困難な場合が多いため、1000mという距離で開催されることが多くなっています。

おすすめの記事