「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピック・ボート競技のこれまでとこれから

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by John Kropewnicki / Shutterstock.com

2020年に開催される東京オリンピックのボート競技は、高層ビルを背景に東京湾で繰り広げられることもあり、注目ポイントのひとつとなっています。 そこで、ボート競技について、オリンピックを中心に過去を振り返り、今後の展望をご紹介します。

オリンピックのボート競技

1900年の第2回パリオリンピックから実施されているボート競技。男女ともに2000mの距離でスピードを競い合います。ボート競技では1962年から世界選手権という権威ある大会もありますが、オリンピックの成績の方が重視されます。
オリンピックの選考基準に、前年度の世界選手権で種目ごとの基準順位を上回るという要素があることから、世界選手権がオリンピックの予選的な立ち位置に置かれていることがわかります。また、世界選手権は、オリンピック開催年にはオリンピックで設けられていない種目のみで開催されます。
これらの事実から、オリンピックにおけるボート競技の伝統も合わせて、世界選手権よりオリンピックに重点が置かれていると言えます。

これまでのオリンピックを振り返る・強豪国や有名メダリスト

これまでの歴史を振り返ると、オリンピックのボート競技でメダルを量産してきたのがアメリカです。金メダル33個をはじめ、合計89個のメダルを獲得。総獲得数では2位のイギリスが68個ということで、圧倒的な差があることがわかります。
一方、個人としてのメダル獲得では、ルーマニアの女子選手たちが大活躍しています。エリサベタ・リパは、金メダル5個をはじめ計8個、ゲオルギータ・ダミアンも金メダル5個を獲得。総獲得数ではアメリカには及びませんが、個人で複数のメダルを獲得している点は、アメリカの選手にはない強みです。

おすすめの記事