「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リュージュの名選手紹介

2017 2/9 09:26
リュージュ メダル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Vitaly Raduntsev / Shutterstock.com

冬季オリンピックの正式競技でありながら、日本人にはなじみの薄いスポーツであるリュージュ。 この記事では、そんなリュージュで大活躍した選手たちを中心に紹介していこうと思います。

そもそもリュージュとは?

リュージュと聞いてピンと来る方は少ないかもしれません。リュージュとは元々「木のソリ」という意味の単語です。 スイスで誕生したこのスポーツは、ソリの上に仰向けで寝そべり、足首でソリをコントロールしながら急こう配のコースを滑走し、そのタイムを競う競技です。オリンピックでは一人乗りと二人乗りが正式種目として採用されています。
ほぼ生身の人間がコースを滑走するので、非常にスリルと迫力があり、ヨーロッパを中心に発展してきました。

ヘオルク・ハッケル(ドイツ)

ヘオルク・ハッケルは、ドイツ出身の名選手です。1977年に競技生活をスタートし、わずか3年後の1980年には旧西ドイツの代表となりました。日本と違ってリュージュをお家芸とするドイツで、このスピードで代表選手にまでなるのは異例と言えます。
その後、1988年の冬季五輪カルガリー大会で銀メダルを獲得したのを皮切りに、1992年アルベールビル大会、1994年のリレハンメル大会、1998年の長野大会で3大会連続の金メダルを獲得しました。

おすすめの記事