「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

京都で有名な柔道強豪校を一挙3校ご紹介!

2017 1/25 10:28
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

日本の歴史あるスポーツの一つである柔道は、今では世界中の多く人に親しまれています。今回は、2016年のリオデジャネイロオリンピック選手にあこがれて、2020年東京の出場に向けて頑張っている京都の強豪校として有名な高校を5校ピックアップしました。

男女そろって強豪校!京都共栄学園高等学校

京都共栄学園高等学校は、全国の強豪校の高校男子柔道部81校中では21位のランキングです。また、私立の中高一貫校で「豊かな人間性」を築き上げそれを基礎に「確かな学力の向上」を目指しています。北近畿では有数の進学校でありながら部活動は活発で、その中でも柔道部は毎年インターハイへ出場しています。
今年は、 男子個人60kg級で5位の成績でした。2016年の主な活動は、三重や簑島での強化合宿やインターハイに向けての必勝祈願や他校との出稽古などがありました。OBには、柔道選手の岩本隆志さんがいます。

全国制覇が目標!京都学園高等学校

京都学園高等学校は、全国の強豪校の高校男子柔道部81校中では23位のランキングです。国際交流の盛んでホームステイや海外留学制度などがあります。そして、柔道部は、運動部とは別の「強化部」と言うカテゴリーに属し、その名の通り、毎日朝と放課後に3時間程度、土日は終日稽古があり、皆が全国制覇を目指しています。
2014年度は、近畿大会で男子が団体3位 、インターハイでは個人戦 男子66Kg級で梅井 颯君がベスト16、ユースオリンピックでは女子個人で山内穂乃花さんが3位の好成績をおさめています。

世界大会にもチャレンジ!京都文教高等学校

京都文教高等学校は、浄土宗系の仏教精神に基づく教育を理念としています。全国強豪校の高校柔道部のランキングには入っていませんが、地方全国大会など数々の大会で男女共に優勝経験を多数持っています。
中でも、2015年にはボスニアヘルツェゴビナで行われた世界大会で個人では、高久鈴花さんが5位、団体では見事優勝を勝ち取っています。部活動は、文武両道を目標にして、精進努力真理探求を理念に毎日打ち込んでいます。

校訓は不撓不屈!京都外大西高等学校

京都外大西高等学校は、京都外国語大学の付属校で部活動の盛んな文武両道の学校です。校訓の不撓不屈の精神を持った強く明るい人物を目指しています。部活動では、部員は初心者が大半ですが、卒業時には全員が黒帯を取れるほど日々努力しています。
2013年度はインターハイ予選で個人・団体共にベスト8入りをしました。また、2015年度は女子柔道部が個人・団体共に近畿大会に出場しました。他にも数々の大会に出場し好成績をおさめています。

有名OB揃いの龍谷大学付属平安高等学校

平安高等学校は、西本願寺系の龍谷大学の付属校です。部活動では、硬式野球部が甲子園出場経験を持ち有名ですが、柔道部も国民体育大会や近畿大会をはじめ数多くの大会に出場し好成績をおさめています。練習は毎日行っており、土曜日は昇段級試験の手伝いをする場合があり、また日祝は出稽古に行くこともあります。
OBには柔道家で柔道師範、講道館八段の平野時男さん、講道館九段の胡井剛一 さん、柔道選手の寺居高志酸さんがいます。

まとめ

京都には全国柔道強豪校の上位にランキングしている高校はありませんでしたが、ご紹介した5校は、様々な大会に出場し、また優勝経験も豊富に持った立派な全国レベルの高校です。今後の期待が持てますね。

関連記事

おすすめの記事