「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

苫小牧駒澤大学アイスホッケー部を徹底解剖!

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

ラグビーやサッカーと同じく、カレッジスポーツとして長い歴史を誇るアイスホッケー。 創部から50年以上の歴史を誇るチームも多く、伝統が息づいています。 本稿では苫小牧駒澤大学のアイスホッケー部の歴史や戦績について徹底解剖します。

【苫小牧駒澤大学】1997年に誕生した新設校

苫小牧駒澤大学は、北海道苫小牧市にキャンパスを構える私立大学。駒澤大学の系列ながら、1997年に大学設置が認可された比較的新しい大学です。設置された学部は国際文化学部のみ。仏教文化や日本文化専攻だけでなく、アイヌ文化コースも開講されています。また、世界に開かれた人材を育てるための国際コミュニケーション学科も開講されています。
圧倒的に道内出身の学生が多く、体育会部活動の現状としては、アイスホッケーのほかに硬式野球部や剣道部が活動しています。

【歴史】兄弟校は名門中の名門

苫小牧駒澤大学のアイスホッケー部は開学当初から歴史を紡いできました。兄弟校にあたる駒大苫小牧高校は、全国トップクラスの実力を有しており、インターハイに限ってみれば、1994年~2002年に9連覇、2004年~2008年に4連覇を達成した名門中の名門、超強豪校です。
今でこそ高校野球で知られていますが、かつては駒大苫小牧といえばアイスホッケーというのが定説でした。しかし、近年は有望選手もどんどん道外に流出しており、大学チームは戦力維持の前にメンバー獲得が至上命題となっています。

おすすめの記事