「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

札幌大学スケート部のアイスホッケー部門をすべてご紹介します

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

札幌大学アイスホッケー部門の部員たちは、常に建学の精神である「生気あふれる開拓者精神」を心がけて日々練習に励んでいます。 ここでは、部活の練習、チーム構成、特徴、輩出した選手などを紹介していきます。

札幌大学アイスホッケー部について

正式名称はスケート部アイスホッケー部門で、札幌大学体育連合会の中の部として活動しています。練習方法は、氷上トレーニングを週に3回、陸上トレーニングを週に2回行っています。氷上トレーニングは、授業の始まる前の朝に1時間半かけてこなします。また、陸上トレーニングは、放課後に1時間40分かけてこなしています。 氷上で行うスポーツですが、陸上でしっかり基礎体力をつけることによって、氷上でのトレーニングに成果が現れます。 

冬の陸上トレーニングの様子

北海道は、ご存知の通り冬は激寒で雪も積もるので、陸上での練習ができません。そのため、練習は体育館で行われます。
4月のある日の練習内容を紹介しますと、20分間の走り込みの後はサッカーでした。これは、アイスホッケー部オリジナルの練習メニューです。マシーンを使って筋肉トレーニングをする選手もいます。 本州とは違った気候なので、ハンディキャップはありますが、陸上でのトレーニングができる時期まで、選手一人一人が工夫を凝らして練習に励んでいます。

おすすめの記事