「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【AIチャンピオンズC】クリソベリルは3番手まで 土をつけるのはやはりルメール騎手

2020 12/5 06:00SPAIA編集部
2020年AIチャンピオンズカップⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

カフェファラオに本命

12月6日に中京競馬場で行われるのはチャンピオンズC。クリソベリルの国内無敗がここでも継続するのか、カフェファラオを筆頭とするライバルたちが同馬に土をつけるのか。このレースをAI予想エンジンKAIBAはどう見たのか。

本命はカフェファラオ。クリソベリルが国内無敗なら、この馬は「中央無敗」。唯一敗れた大井のジャパンダートダービーは初のナイター、2000m、砂を被る形と初物尽くし。加えて、馬場整備の跡に驚いた、とのアクシデントもあった。

前走のシリウスSは他の上位勢が内を突いてきた中、この馬だけ外を堂々と回っての貫録勝ち。勢いに乗るルメール騎乗という点も心強い。

対抗はエアアルマス。昨年のダート転向後3連勝。武蔵野Sは気性の悪さを出して敗れたものの、東海Sであっさり重賞制覇。その後骨折で無念の戦線離脱となっていたが、休み明け+14キロの前走4着から上積みは大きいだろう。

1番人気が確実視されるクリソベリルは3番手評価。戦績から能力・適性ともに申し分ないが、コース傾向上きわめて不利な8枠が印に響いた。また、チャンピオンズCへの改称以降、JBCクラシック勝ち馬が何度も人気を裏切っており、馬券に絡んだのは16年1番人気2着のアウォーディーのみ。このあたりのデータも難点か。

以下、デビュー以来【9-3-4-1】と安定感抜群のチュウワウィザード、前哨戦みやこSを3馬身差快勝のクリンチャーまで印を回した。AIの本命馬&ルメール騎手のGⅠ連勝が続くのか、それともクリソベリルが格の違いを見せるのか、注目したい。

AI予想エンジンKAIBA
◎カフェファラオ
○エアアルマス
▲クリソベリル
△チュウワウィザード
×クリンチャー


《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【チャンピオンズC】 過去6年で前走地方交流出走馬6勝 少数精鋭の関東馬を狙え!など 当日まで覚えておきたいデータ
【チャンピオンズC】クリソベリルはある1つのジンクスを乗り越えられるかがカギ 中京ダートの好走馬を探る
【チャンピオンズC】カフェファラオ、チュウワウィザードは消し ハイブリッド式消去法で浮上した穴馬は?

おすすめの記事