「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【チャンピオンズC】クリソベリル連覇に黄色信号  狙うは条件好転のゴールドドリーム

チャンピオンズC 4角通過順成績 インフォグラフィック
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

今年は差し決着か

12月6日(日)に中京競馬場で行われるチャンピオンズC(GⅠ・ダート1800m)。暮れのダート王決定戦に実績馬16頭が集結した。人気の中心は何といっても昨年の覇者にして帝王賞・JBCクラシックと国内無敗を継続中のクリソベリル。これにシリウスSで古馬を撃破した期待の3歳馬カフェファラオらが続く格好となっているが、果たしてこれら2頭は信頼してよいのだろうか。また、馬券的に狙いたい穴馬はどれか。今週もデータを踏まえて検討していこう。

はじめに、現在と同じ中京ダート1800mで施行された過去6年の傾向を分析する。

過去6年のチャンピオンズC結果


乾燥する冬場のダート戦ということで時計がかかりやすい条件だが、やはり一線級が揃うだけあって時計はハイレベル。昨年の勝ち時計1分48秒5は良馬場でのコースレコードであり、2015~2018年も1分50秒台前半で決着している。乾いた馬場でのパフォーマンスが一つの重要な評価軸となりそうだ。

昨年は好位で運んだクリソベリル、ゴールドドリームの2頭がワンツーを決めたが、それ以前は4年連続で4角10番手以下だった馬が連対していた。特に先行争いが激化した2015年は極端な差し競馬になっており、腹をくくった差し・追い込みがイメージ以上に奏功している。

今年はメンバー的にも昨年の3着馬インティやメイショウワザシ、南部杯のレコード決着を制したアルクトスなど先行したい馬は多く、相応に前は速くなりそう。展開的には中団以降で運ぶ馬に利があるものと考えたい。

顕著な「内枠有利・外枠不利」

過去5年中京ダート1800m枠番別成績


続いて過去5年の当該コース枠番別成績をチェック。勝率では1枠、連対率・複勝率では2枠が良績を残しており、全体的に内枠有利・外枠不利の傾向がはっきりしている。中京ダートは直線距離が東京に次いで2位の長さを誇るなど、サイズ的には大きい部類に入るが、全体的に細長い形状をしているのが一つの特徴。1〜2角にかけて坂を登りながら急なカーブを曲がることになるため、ここで外を回されると思った以上にロスになるようだ。

下馬評では断然の人気を集めている昨年の覇者クリソベリルだが、8枠15番に入ったのは同馬にとって痛恨。昨年のように内目からロスなく立ち回ることが難しくなった以上は、連覇に向けて黄色信号が灯ったと捉えるべきだろう。1番人気の勝利が続く今秋のGⅠ戦線だが、今回ばかりは穴馬にも台頭の余地があるとみる。

古豪の復活に期待

そこで、2017年の覇者にして昨年2着の雪辱を期すゴールドドリームを本命に据えたい。4か月半ぶりのレースとなった前走のマイルCS南部杯はレコード決着に対応できず、6着に敗退。

7歳という年齢を考えても、盛岡の高速ダートでのスピード勝負は厳しい条件だった。ルメール騎手からの乗り替わりで人気を落とすことが予想されるが、距離延長かつ直線の長い中京に替わることで大幅に条件は好転したと言えるし、前走で見限ってしまうのは早計だろう。1枠2番を引いたのも好材料であり、逆転の目は十分にあるはずだ。

2番手はクリンチャーとする。良馬場で行われた前走のみやこSは1分49秒9のタイムで完勝。良馬場の阪神ダート1800mで1分50秒を切った馬は他に8頭いるが、そのうちの5頭はホッコータルマエ、エスポワールシチー、カネヒキリ、ニホンピロアワーズ、アウォーディーのGⅠ馬。時計の裏付けは十分と言ってよいだろう。乾いたパサパサの馬場は得意なタイプであり、初のダートGⅠでも好走する条件は整っている。

3番手にクリソベリル。帝王賞、JBCクラシックと2戦連続で大井を得意とするオメガパフュームに対して完勝しており、現状ダート界で実力が抜けている感は否めない。しかし、先述した通り外枠に入った点は大きな懸念材料であろう。また、順調さを欠いているわけではないにしても、中4週というローテは大事に使われてきたこの馬にとって初の経験となる。人気のわりに不安材料は明確であり、過信は避けたいところだ。

4番手にカフェファラオ。2走前のJDDの惨敗に関しては、インの3番手で砂を被ったことや詰まったローテ、地方のダートが合わなかった可能性などが考えられるが、余裕をもったローテで臨んだ前走のシリウスSでは古馬相手にキッチリ勝利。一線級とはこれが初対決であり、揉まれる競馬で力が出せない可能性も依然として残っているが、好調のルメール騎手の継続騎乗はやはり軽視はできない。

以下、相手には差し馬を中心にチュウワウィザード、サンライズノヴァ、穴でアナザートゥルースまで押さえておくことにする。

▽チャンピオンズC予想▽
◎ゴールドドリーム
○クリンチャー
▲クリソベリル
△カフェファラオ
×チュウワウィザード
×サンライズノヴァ
☆アナザートゥルース

《ライタープロフィール》
東大ホースメンクラブ
約30年にわたる伝統をもつ東京大学の競馬サークル。現役東大生が日夜さまざまな角度から競馬を研究している。現在「東大ホースメンクラブの愉快な仲間たちのブログ」で予想を公開中。


《関連記事》
【チャンピオンズC】 過去6年で前走地方交流出走馬6勝 少数精鋭の関東馬を狙え!など 当日まで覚えておきたいデータ
【チャンピオンズC】クリソベリルはある1つのジンクスを乗り越えられるかがカギ 中京ダートの好走馬を探る
【チャンピオンズC】カフェファラオ、チュウワウィザードは消し ハイブリッド式消去法で浮上した穴馬は?

おすすめの記事