「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【AIジャパンC】3歳三冠馬2頭は4、5番手まで アーモンドアイ有終の美へ!狙うは内枠に入った古馬2頭

2020 11/29 06:00SPAIA編集部
2020年ジャパンカップのデータインフォグラフィックⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

アーモンドアイ有終V9へ

11月29日に東京競馬場で行われるジャパンカップ。三冠馬同士の激突に国内のみならず、世界中のホースマンから熱烈な視線が集まるレースとなった。このレースをAI予想エンジンKAIBAはどう見たのか。

本命はアーモンドアイ。前走の天皇賞(秋)で新記録となる芝GⅠ・8勝目を挙げ、今回がラストランとなる稀代の名牝。東京芝2400mは自身がGⅠ2勝、レコードを持つ舞台で能力、適性とも文句なし。

これまで何度も的中をもたらしてくれた同馬にAIも惜別の思いを感じて…、かどうかは分からないが、今回も同馬を最上位の評価とした。

対抗は穴からワールドプレミア。昨年の有馬記念では展開の恩恵もあったとはいえ、そのアーモンドアイら強豪古馬に先着しての3着。

内枠有利で知られるジャパンカップだが、4番人気以下に限定するとその傾向はより顕著。「5~8枠」かつ「4番人気以下」の回収率は単11/複30と低調。外枠から穴はほぼ出ない。2枠3番のワールドプレミアは数少ない穴候補といえる。

ジャパンカップ4番人気以下の枠順別成績



以下、3番手には昨年も2着のカレンブーケドールで、内枠の古馬を狙い打ち。3歳の三冠馬2頭は4、5番手という低めの評価になった。有終の美か、世代交代か。日本競馬の歴史に刻まれる新たな1ページはいかなる結末になるのだろうか。


AI予想エンジンKAIBA
◎アーモンドアイ
○ワールドプレミア
▲カレンブーケドール
△コントレイル
×デアリングタクト

《KAIBAとは?》
独自に開発した競馬予想AIエンジンである。過去数十年分のレース結果、競走馬、騎手、調教師、コース情報やタイム、天気や馬場状態など、ありとあらゆるレースに関する膨大な情報をAIが自動で学習し、予想をする。 これらの予想を元に、回収率を重視した買い目、的中率を重視した買い目を推奨する。


《関連記事》
【ジャパンC】三英雄並び立たず?データから1頭切るならコントレイル
【ジャパンC】空前絶後の豪華メンバー集結 3強の中で最も勝ちに近い馬は?
【ジャパンC】1着固定は危険? アーモンドアイに立ちはだかるジンクスと押さえたいデータ

おすすめの記事