「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界のハンドボール強豪国、その強さの秘訣とは?

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis/Shutterstock.com

惜しくも前回のリオオリンピックでは日本代表のハンドボールチームは予選敗退。ハンドボールはどの国が強いのでしょうか。日本でもじわじわ人気の出てきているスポーツの一つハンドボール、強豪国の強さの秘訣とは?

ヨーロッパ諸国に集中するハンドボール強豪国

ヨーロッパではサッカーに次ぐ人気ともいわれるハンドボール。自ずとヨーロッパ諸国に強豪国が集中しています。先日ブラジルで開催されたリオデジャネイロ・オリンピックでは、男子はデンマークが優勝し金メダルを手にしました。
また、男子女子共に銀メダルを獲得したフランスは、ロンドン・北京オリンピック共に男子金メダルを獲得した間違いなく強豪国といえます。デンマーク、フランス以外にも、クロアチアやスペイン、女子ではロシアやノルウェーも強い国です。ここ数年で、年々日本のレベルも上がってきています。

世界のハンドボール有名選手

日本のハンドボール選手といえば、宮崎大輔選手が思い浮かぶ方も多いと思います。では世界で有名な選手とは? 最も有名なのは、クロアチアのエース「イバノ・バリッチ選手」かもしれませんね。また、強豪フランスには「ニコラ・カラバティック選手」「ラク・アバロ選手」もいます。ヨーロッパ各国には、エース選手が必ず一人はいて、世界的にも有名な選手たちです。
また、ハンドボール専門用品メーカーの『ケンパ』の由来である『ムッシュー・ハンドボール』とも呼ばれる「ベルンハルト・ケンパ氏」は、バスケットボールのアリウープのような、空中でキャッチしたボールを、そのままシュートする攻撃『スカイプレー』を編み出し、この技は『ケンパ・トリック』とも呼ばれます。

おすすめの記事