「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ハンドボールで最注目!宮崎大輔選手の功績

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://the-ans.jp/

2006年のスポーツマンNo.1決定戦で総合No.1を獲得し、知名度を高めたハンドボールという競技と宮崎大輔選手の名前。メジャー級の人気がある競技とは日本ではまだまだ言い難い、ハンドボール界における宮崎大輔選手の功績や経歴をまとめた。

ハンドボールってどんなスポーツ?

ハンドボールとは、40m×20mのコートの中で、1チーム7名構成(コートプレイヤー6名・ゴールキーパー1名)の2チームで勝敗を争うスポーツだ。選手交替は交替エリアから自由。高校生以上は前半・後半各30分ずつの60分で試合が行われ、勝敗が決まらなかった場合は10分間の延長が設けられる。使っていい身体部分はひざから上のみで、足でボールに触れると反則になる。ボールを持っていていいのは3秒まで、ステップは3歩までだ。

ハンドボールの認知度をあげた宮崎大輔選手

日本ではまだまだマイナーなイメージのハンドボールではあるが、その知名度を上げた功労者といえば、宮崎大輔選手があげられると思う。「ハンドボールをメジャーにしたい」と語り、TV企画『スポーツマンNo.1決定戦』に2006年に初出場し総合No.1を獲得した。番組の放送後にはハンドボールの観客が増加し、プレーオフの前売りチケットが史上初の完売を遂げるなど、ハンドボールという競技と宮崎大輔という名前を一挙に有名にした。
その後、2008年と2009年の同番組でも、宮崎選手は総合No.1に輝いている。

おすすめの記事