「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

四国の4県の中から体操の強豪校5校を取り上げて紹介

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by roibu/Shutterstock.com

四国(徳島、香川、高知、愛媛)4県で体操が強い高校をリストアップしました。四国は体操に限らずスポーツ全般の強豪校が多いのですが、ここでは体操競技に絞り実績と特徴がある高校について、学校紹介を含めやクラブ活動の状況や成績などをまとめました。

愛媛の新田高校は、体育系大学に進学して体操を続ける生徒が多数

愛媛県松山市の新田高等学校は、全校生徒1500名を有する大型校です。普通科の進学率は90%で、全国の有名国公立や私大に進学しています。
体操部に所属している生徒も、卒業後は日本体育大学、中京大学など体操が強い大学に進学するケースが多くなっています。現在の体操部は男子が中心で、2016年の全国高校総体に出場しています。 愛媛県や四国の大会では、ここ数年すべて優勝争いを演じています。大会が迫ると平日はもとより土日も数時間は練習に当てており、生徒たちの意気込みが伝わってきます。

高松北高校の体操部は、男女とも四国ではトップレベル

香川県高松市の高松県立北高等学校は、香川県では県立として唯一の中高一貫教育校です。進学校であるとともにスポーツも盛んで、体操部は中学高校合同で毎日練習に励んでいます。2016年の全国高校総体では団体で30位、香川代表として参加した岩手国体では団体23位という成績でした。
県の高校総体では男子が団体優勝し、女子も2位、四国高校総体では男子が2位、女子が6位と、それぞれ優秀な成績でした。また、現在中学生のレベルが高いので、今後高校の水準がさらに上がることが期待されています。

おすすめの記事