「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

四国の4県の中から体操の強豪校5校を取り上げて紹介

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by roibu/Shutterstock.com

四国(徳島、香川、高知、愛媛)4県で体操が強い高校をリストアップしました。四国は体操に限らずスポーツ全般の強豪校が多いのですが、ここでは体操競技に絞り実績と特徴がある高校について、学校紹介を含めやクラブ活動の状況や成績などをまとめました。

愛媛の新田高校は、体育系大学に進学して体操を続ける生徒が多数

愛媛県松山市の新田高等学校は、全校生徒1500名を有する大型校です。普通科の進学率は90%で、全国の有名国公立や私大に進学しています。
体操部に所属している生徒も、卒業後は日本体育大学、中京大学など体操が強い大学に進学するケースが多くなっています。現在の体操部は男子が中心で、2016年の全国高校総体に出場しています。 愛媛県や四国の大会では、ここ数年すべて優勝争いを演じています。大会が迫ると平日はもとより土日も数時間は練習に当てており、生徒たちの意気込みが伝わってきます。

高松北高校の体操部は、男女とも四国ではトップレベル

香川県高松市の高松県立北高等学校は、香川県では県立として唯一の中高一貫教育校です。進学校であるとともにスポーツも盛んで、体操部は中学高校合同で毎日練習に励んでいます。2016年の全国高校総体では団体で30位、香川代表として参加した岩手国体では団体23位という成績でした。
県の高校総体では男子が団体優勝し、女子も2位、四国高校総体では男子が2位、女子が6位と、それぞれ優秀な成績でした。また、現在中学生のレベルが高いので、今後高校の水準がさらに上がることが期待されています。

済美高校の体操部女子は、高校総体や国体で活躍

愛媛県松山市の中心部にある済美高校は、生徒が2000名近く在籍し、教職員数が約200人という、中国四国地方で最も規模が大きい高校です。生徒数が多い分、学校行事も華やかで、入卒業式、運動会、遠足などは大いに盛り上がります。
体操部は女子が活躍しており、高校総体の常連校として知られています。また、同校の選手が愛媛県の国体メンバーとして選ばれることが多く、部員たちはこれらの大きな大会に出場できることを励みとして練習を重ねています。

高松中央高校の体操競技部女子は、全国レベルの実力

香川県高松市の高松中央高等学校は、市内の私立高校の中で最も古い歴史を持つ伝統校です。教育方針は、時代の変化に対応できる生きる力を育み、確かな学力を養うことを掲げています。
体操競技部は女子が強く、2016年の全国高校総体に出場し、団体で全体の26位という成績で予選を通過しました。また、県大会や四国の大会では種目別の優勝者を出すなど、常に優勝を争うレベルを保っています。第2体育館1階に体操競技部専用練習場があり、放課後や土日を利用して練習に取り組んでいます。

高知高校体操部は、男女とも県大会で1位を独占

高知県の高知高等学校は、学校法人高知学園が運営する中学校を併設している学校です。地元では中学と高校を総称して「学園」という名前で親しまれています。
体操部は中学、高校ともに入部希望者が多く、優秀なメンバ-が揃っています。2016年の全国高校総体では女子が団体で38位という成績で、個人で出場した男子は惜しくも予選落ちでした。しかし、同年の高知県高等学校秋季選手権では、男女ともに個人総合、種目別ですべて1位という完全制覇を成し遂げています。

まとめ

四国4県(徳島、高知、香川、愛媛)には体操部がある高校が多数あります。四国地方や各県内でトップレベル、或いは全国でも十分に通用する実力校を5校抜粋しました。中高一貫校としてレベルが高い学校もあり、大学や社会人チームに入って体操を続けたい生徒も多く、将来が楽しみです。

関連記事

おすすめの記事