「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オールラウンドプレーヤー!体操・冨田洋之の数々の功績

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://news.livedoor.com

アテネオリンピックで活躍した冨田選手を御存じだろうか。 日本体操低迷期に現れて、日本体操のオリンピック団体総合金メダルに貢献した。 ここでは冨田選手の生い立ちから引退までを紹介する。

8歳から体操を始め高校では3冠を達成

冨田洋之は1980年11月21日大阪府で生を受ける。体操との出会いは比較的早く、8歳の頃にはマック体操クラブに通い始めていた。ここで既にクラブに通っていて、後に同じ大学の体操部の同僚となる鹿島丈博と出会った。鹿島とはさらに2004年アテネ、2008年北京とオリンピックの日本代表として共に闘うことになる。
高校に入ると冨田は着実に力を付けていき、インターハイ、高校選抜大会、全日本ジュニア選手権の3冠に輝く。そして高校を卒業すると、順天堂大学に入学して世界を目指すことになるのだ。

世界選手権で好成績を挙げオリンピックへ

大学に入ってからも冨田の勢いは止まらなかった。2000年全日本学生選手権に優勝すると、2001年、2002年と3連覇を達成する。この間、2001年、2002年と全日本選手権を連覇、2002年NHK杯優勝、アジア選手権鉄棒で優勝すると、2003年世界選手権では個人総合3位と力を伸ばす。このとき、日本は団体総合でも3位に入った。
冨田は好調の中でいよいよオリンピックイヤーの2004年を迎えることになる。代表決定競技を兼ねたNHK杯を2位で通過して、念願の2004年アテネオリンピック代表選手に選ばれる。

おすすめの記事