「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

教えて!体操界あん馬のレジェンド鹿島丈博の功績について

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.sanspo.com

2016年のリオオリンピックの体操種目は非常に盛り上がり、日本中に感動をもたらした。今回はあん馬のスペシャリストと呼ばれた鹿島丈博さんの功績を紹介する。

鹿島丈博の子供のころ

鹿島選手は、1980年7月16日に大阪府大阪市で生を受けた。小さな頃から体操競技に取り組んでおり、中学3年生の時には特別に全日本選手権に出場していた。あん馬種目において、男子大会史上最年少の15歳で見事優勝を果たした。
そんな鹿島選手だが、最初はあまり体操が好きではなくつらい練習に幾度となく辞めたいと思っていたようだ。だが、徐々に体操にのめりこんでいきオリンピックに出るまではやめないと誓った。

あん馬に向いた体形

鹿島選手は、体格として筋肉が付きにくいといわれており、筋力が必要な吊り輪などの種目は得意としていない。だが、「あん馬の申し子」といわれるように、非常にあん馬に向いた体系をしている。鹿島選手の股下は86cmであり、それに対して手の長さが64cmと比較的手の長さが長い選手だ。そのためあん馬で演技をするのに非常に向いているといわれている。
また、肩幅が狭く40cmと細身であるため、あん馬をするのに非常に適した体だった。

おすすめの記事