「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

素人でもわかる!体操のつり輪の技の種類について解説

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Air Images / Shutterstock, Inc.

オリンピック人気競技の体操。その種目の一つでもある「つり輪」ですが、動きを見るだけでも楽しいですよね。その技の種類を知ればもっと「つり輪」が楽しく見れるようになると思いませんか?今回は「つり輪」について全く知識がない人でもわかるように体操の種目「つり輪」の技についてご紹介します。

どんな競技?

体操競技の種目の一つであるつり輪ですが、高いとこにつるされた二本のつり輪を使って演技を行う競技です。つり輪の技の種類は非常に多岐にわたり一つずつ数え上げるときりがないですが大きく技を分けるとすると6つあります。
1つ目は懸垂振動技。つり輪にぶら下がって体を持ち上げ、体を振ったり回したりする技です。2つ目は振動倒立技。つり輪を持った状態で頭を下にします。つまり、倒立したような姿にした後、その上で体を揺らしたり回したりします。その後また倒立を静止しなくてはなりません。

静止のツラさ

3つ目は力技です。つり輪にぶら下がったら反動で体を揺らすことなく、いきなり地面と体を水平にしたりブンブンと回転させたりする技です。その名の通り腕力の力を持って行う技です。
4つめは静止技。つり輪は自分の体を腕の力だけで支えています。体を持ち上げて体を動かないようにした状態で2秒間止めます。これも非常に腕の力がいる技です。
5つ目は振動から後から静止技です。振動技と力技のコンビネーションになります。具体的には体を大きく回転させたり振ったりした後に無反動の力技をだし、ゆっくり回転等を行います。そしてその後に静止をしなくてはなりません。

おすすめの記事