「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

久々の優勝で一皮むけるか、元賞金女王上田桃子

2017 8/3 12:07hiiragi
momoko,ueda
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮里藍選手や横峯さくら選手としのぎを削ったジュニア時代

2017年5月に行われた日本女子プロゴルフツアー12戦、中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンで優勝を飾ったのは上田桃子選手だった。
上田選手の優勝は2014年10月に行われた樋口久子森永レディス以来だから、3シーズンぶりの優勝となる。4月に行われたKKT杯バンテリンレディスオープンでは、最終日最終ホールで入れれば優勝のパーパットを外し、優勝を逃がしているだけに、喜びもひとしおだったに違いない。
上田選手は1986年生まれ、熊本県出身の女子プロゴルファーだ。9歳の頃よりクラブを握り、10歳になると熊本にある坂田塾に入門し、腕を磨いた。
坂田塾は男子プロゴルファーで作家でもある坂田信弘氏が主催する、世界に通用するプロゴルファー育成のために作られたジュニアゴルフ塾だ。九州には熊本と福岡に開設され(現在は神戸校のみ)、卓越したゴルフ理論と、独特な教育方針で多くのトッププレーヤーを輩出した。女子プロゴルフ賞金女王に九州出身選手が多いのもうなずける。
ともあれ、ここで鍛えられた上田選手は頭角を現し、全国レベルのジュニア大会で活躍、1年上の宮里藍選手や横峯さくら選手らのライバルとして、注目を集めた。

地元熊本県で飾ったプロ初優勝

プロ転向は2005年の77期生。プロ初年度は2試合に出場するも予選落ちと振るわなかったが、2006年のツアー出場優先順位を決めるクォリファイングトーナメントを2位で通過、ほぼ全試合の出場資格を得た。すると、新人戦加賀電子カップで見事優勝、2006年ツアーでの活躍に期待がかかった。
2006年は初戦のダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントでは予選落ちに終わったが、徐々に実力を発揮、34試合に出場して賞金ランキング13位でシード選手の仲間入りを果たした。最高成績はクリスタルガイザーレディスゴルフトーナメントの3位タイ。優勝こそできなかったが、ベスト10入りが11回あった。特に最後の5試合に限れば4試合でベスト10に入り、初優勝が近いことを印象付けた。
記録面を見ても、バーディー数は291個で3位、平均ストロークは9位と、いつ優勝してもおかしくない成績だった。
2007年は初戦から好調なゴルフを見せ、地元熊本で行われたライフカードレディスゴルフトーナメントで、念願の初優勝を果たす。初日から単独首位に立ち、一度も首位を譲らない完全優勝で、2位に6打差をつける圧勝だった。

おすすめの記事