「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

お手軽!フットサルの始め方をわかりやすく伝授

2016 12/21 10:03
フットサル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A_Lesik / Shutterstock.com

近年競技人口を伸ばしつつあるフットサル。 今回はそんなフットサルを始めてみようかと考える方のために、競技を始めるための方法をわかりやすく紹介する。 かなり手軽に始めることができるので、ぜひ参考にしてください。

フットサルは簡単に始められます!

フットサルはサッカーに比べると簡単に始めることができる。
サッカーほど広い場所を必要とせず、道具もそれほど高価ではない。
アマチュアでも多くの方がチームを作ったり、イベントを開催したりして簡単に楽しむ機会が増えてきている。 少し運動したいという方も、かなりハードに運動したい方も、平等に楽しめるのがこのフットサルというスポーツなのである。
それでは次項より、フットサルの始め方を具体的にお話していく。ぜひご参考ください。

まずは道具から!何が必要なの?

それではまずは、フットサルで必要な道具について話をする。 下記がその一覧になる。


  • フットサルシューズ(体育館用・人工芝用など違いアリ)
  • フットサルボール
  • レガース(すねあて)
  • ウェア(ユニフォーム、インナー等)
  • 髪留め、ヘアバンド


これらを用意すれば、十分にフットサルを楽しむことができるだろう。
極論を言えばシューズとボールさえあれば、プレーは可能だ。
ただ、安全性や利便性を考えれば、専用の道具を揃えておいた方が安心してプレーできるだろう。

道具はOK!場所はどこでやるの?

前項でも少し触れている通り、フットサルは体育館や人工芝のピッチでプレーすることが多い。
人工芝のピッチは、スポーツクラブの屋上などに設置されていることが多く、あまり目に付かないのが特徴だ。
ただ、フットサルはサッカーに比べると大きな場所を必要としないから、その他の施設等でも体育館とは別でフットサル場を設けている場合も多くある。
皆さんのお近くのスポーツクラブ、公共施設にも用意されている可能性があるので、ぜひ確認してほしい。

どうやってフットサルに参加するの?

フットサルは参入障壁の低いスポーツだ。そのため、多くの団体、クラブ、コミュニティの中でプレーされるようになっている。
学生であれば、部活・サークルが一般的だろうが、所属による区別をせずメンバーを設けているフットサルグループも多くある。 そういったグループへの参加は、スポーツクラブやインターネット、SNS等でメンバー募集の記事・問い合わせ先の紹介がなされていることが多い。
「フットサル ○○県 募集」といったように検索をかけてみてください。

身近な友達を集めて参加するのもOK!

見知らぬ人と一緒にフットサルをやるのは不安という方は、身近な友達を集めてフットサルをやるのも良いだろう。
「サッカーに興味はあるけど、やるのはちょっとなぁ」という方でも、フットサルであれば参加しやすい。 道具の準備も簡単ですし、プレー自体もそれほどハードなものではないので、慣れ親しんだ友達とボールを蹴るのは楽しいこと間違いない。
ボールを蹴ることに慣れれば、いずれは街のアマチュアフットサルのイベント・大会等に参加してみると良いだろう。

まとめ

フットサルはサッカーに比べると参入障壁の低いスポーツだ。 道具の準備にもそれほどお金はかからず、多くの人がプレーできている。 フットサルグループ、試合への参加は、インターネットやSNSで頻繁に情報発信がされている。ぜひ参考にしてほしい。

関連記事

おすすめの記事