「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実はあまり知らない?「フットサル」プレー以外のルール

2016 12/21 10:03
フットサル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by feelphoto / Shutterstock.com

フットサルは今や世界で認知されたスポーツだ。 日本でもFリーグを筆頭に、初心者や女子のカテゴリーでも各地で大会が行われている。 全国に浸透が進むフットサルだが、プレー以外のルールはあまり知らないという選手も多い。 フットサルのプレー面以外の基本ルールを紹介しよう。

公式ルールに則ったフットサルのピッチとは

代表チームによる国際大会やプロリーグを始めとしたカテゴリーでは、フットサルのプレー以外にも正規のルールが存在する。フットサル正規ルールに沿って説明していこう。
まず、フットサルのコートについてだ。国際ルールによるピッチの広さは縦38~42m、横18~22mとなっている。 表面には学校の体育館のような板材も使用されているが、最高品質とされるのは名古屋オーシャンズのホーム、オーシャンアリーナなどが採用する「タラフレックス」という人工素材だ。
日本サッカー協会が公示するフットサル競技規則では「滑らかかつ平坦で、摩擦のない表面」とされ、木、または人工材質が推奨されている。またコンクリートやアスファルトは避けるべきとされ、人工芝は国内競技でのみ認められている。

ピッチに引かれたラインやPKスポットにまつわる基本ルール

フットサルのコートには様々なラインやマークが記されているが、それらにも公式のルールがある。
競技規則には「エリアの境界線を示すラインはそのエリアの一部であり、ピッチの色と明瞭に識別できるものでなければならない」とあり、ラインの色は明確に指定されていない。現状はほとんどが白いラインだが、これをあえて変える必要もないだろう。
ラインの幅は8㎝と規定されている。ピッチの内外を分けるタッチラインやゴールラインも8㎝だ。試合ではボールが完全にラインの外へ出ない限りプレーが続行される。
センターサークルは半径3m、ペナルティエリアは半径6mの半円。PKスポットはペナルティライン上にあるので、ゴールとの距離は6mということだ。 第2PKのスポットはゴール中央から直線10mの距離に記されている。

おすすめの記事