「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴史的チームルノーF1の歴代マシンの特徴とは?

2017 6/13 12:41ユタロー
ルノーF1
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ev. Safronov/Shutterstock.com

ルノーF1チームは、一時的にエンジンサプライヤーに転向したことか何度かあるが、トータルで考えると非常に歴史の長いチームだ。 そんなルノーF1チームの歴代マシンとはどのようなものなのか、紐解いていきたい。

記念すべき最初のマシン「RS01」

「RS01」は、ルノーF1が1977年に投入した最初のF1マシンだ。アンドレ・デ・コルタンツ氏とフランソワ・キャスタン氏がメインデザイナーとして開発した。この時代にはまだ投入されていないかったF1マシン初のターボエンジン搭載車だ。
ミシュランが開発したラジアルタイヤを装着するなど、当時としては目新しいアイテムが満載のマシンだったが、ターボエンジンのラグなどの原因により、たびたびリタイアしていたことが印象的だった。

初優勝を飾った「RS10」

「RS10」は、1979年に使用したマシンだ。デザイナーは、フランソワ・キャスタン氏とミッシェル・テツ氏が基軸となって開発をした。「RS01」に引き続きターボエンジン搭載のマシンであり、1979年のフランスグランプリでは、ターボエンジン車として初めての優勝を勝ち取った。
ターボユニットはツインターボに変更しており、全体のバランスとしては当時主流になりつつあったグラウンド・エフェクト・カーとして設計されており、U字型のリアウイングが大きな特徴となっている。

おすすめの記事