「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

若手F1チームであるトロ・ロッソの歴代マシンの特徴は?

2017 6/13 12:41ユタロー
Scuderia Toro Rosso
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ev. Safronov/Shutterstock.com

トロ・ロッソは、現在のF1コンストラクターの中でも比較的新しいチームだ。 レッドブルのジュニアチームでもあるトロ・ロッソの歴代マシンには、どのような特徴があるのだろうか? 詳しく解説したい。

ほぼレッドブルのマシンと同じ「STR1」

「STR1」は、2006年にトロ・ロッソがF1レースにデビューした際に使用したマシンだ。ミナルディから買収してすぐで、オリジナルのマシンを開発する時間がなかったため、親チームであるレッドブルが2005年に使用していた「RB1」をベースとして新しいレギュレーションに合わせて作ったマシンだった。コスワースの3LでV10エンジンを使用している。
一時期は、オリジナルマシンではないので規定違反という声も聞こえたが、何とか使用を認められたマシンだ。

初の優勝マシンである「STR3」

「STR3」は、2008年にレースに参戦させたマシンだ。エイドリアン・ニューウェイ氏がデザインを手掛けており話題となった。
前年のマシンである「STR2」をベースとしたマシンであり、レッドブルのマシンに似せてきており、シャークフィンも設置している。エアロパーツなども似てはいるものの、エンジンにフェラーリのものを使用しているため、デザインとしてはレッドブルとは少し違う印象を受ける。初の優勝を飾っている歴史的なマシンだ。

おすすめの記事