「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

F1チームマクラーレン・ホンダの歴代で名車とよばれるマシンの特徴

2017 6/13 12:41ユタロー
 MP4/4
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fingerhut/Shutterstock.com

マクラーレン・ホンダは、F1黎明期から存在している。当時はホンダが関わっていなかったものの、非常に歴史のあるチームだ。 そんなマクラーレン・ホンダの歴代マシンで特に愛されているものはどのマシンだろうか? 特徴などについて詳しく解説していきたい。

マクラーレンとしての初めてのF1マシン「M2B」

マクラーレン「M2B」は、1966年にマクラーレンのチームとして初めて製作したF1マシンだ。当時使用していたF2用のシャーシを使用してF1用のシャーシを作成した。インディレースに使用していたフォード製の4200ccのエンジンを用いたマシンだ。
形としては今のF1マシンとは似ても似つかぬ、丸みを帯びた形のマシンだった。この初めてのマシンは、エンジンが重すぎたことから、あまり速さを得ることができなかったようだ。

ロータスの影響を強く受けたマクラーレン「M23」

マクラーレン「M23」は、1973年にゴードン・コパック氏とジョン・バーナード氏が設計したマシンだ。最終的には1978年まで走った息の長いマシンでもある。
インディレース用の「M16」をベースにしており、コンパクトなボディが特徴だった「M19」に比べてサイドラジエーターやウェッジタイプノーズ、そしてごつごつとしたボディに生まれ変わった。これは、ロータスのマシンの影響を受けているものと考えられる。6年間で16回の優勝を勝ち取ったことから、名車と言えるだろう。

おすすめの記事