「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

氷上のお姫様!浅田真央選手の使用音楽情報まとめ

2016 9/20 12:42
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

浅田真央選手のファンの方へ!
浅田真央選手が競技やアイスショーで使用した音楽についてもっと知りたいと思いませんか?
今回は、知って得するまとめ情報をコンパクトにお届けします。

浅田真央選手といえばこれ!ショパン「ノクターン」

浅田真央選手の使用する音楽といえば、ファンの誰もが真っ先に思い浮かべる曲がショパンの「ノクターン」ですよね。ピアノの詩人と呼ばれたショパンの作品のなかでも、ノクターンは特にロマンティックな作風が特徴です。ノクターンとは「夜想曲」の意味。静寂に包まれた夜、愛しい人を思い浮かべる女性の姿を連想させます。最近は技術だけでなく女性的な演技力でも評価の高い浅田選手にぴったりの音楽です。
浅田選手がソチ・オリンピックのSPで使用した曲が「ノクターン第2番」でした。ショパンのノクターンというとこの曲が真っ先にあげられる名曲中の名曲です。

フィギュアスケートのための音楽?ショパン「幻想即興曲」

浅田真央選手がフリーの演技で好んで使用したのが、ショパン「幻想即興曲」です。即興曲というタイトルにあるように、この曲はショパンの高度な技術と豊かなインスピレーションが発揮された曲。短調の暗いメロディラインに乗って高速のパッセージが続く曲調が、フィギュアスケートの回転を連想させますよね。
浅田選手だけでなく、ほかの著名な女子選手も競技やアイスショーの音楽として使用する人が大変多く、まさに「フィギュアスケートのために作曲された?」といってもよいほどの名曲です。
もともとショパンはこの曲を世に出すつもりはありませんでした。死が近づいたショパンは、この曲を出版しないよう友人たちに頼んでいましたが、ショパンの死後、一人の友人が無断でこの曲を出版したことから世界中に広まったという逸話が残されています。

おすすめの記事