「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【フィギュアスケート女子】世界ジュニア選手権でメダリストとなった日本人選手

2018 1/19 10:37Mimu
村上佳菜子
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から天才少女として知られていた伊藤みどり

世界ジュニア選手権では、数多くの選手たちがメダルを獲得してきた。

  • 1984年 札幌:伊藤みどり(銅)
  • 1988年 ブリスベン:八木沼純子(銀) 柏原由起子(銅)
  • 1989年 サラエボ:八木沼純子(銀)
  • 1990年 コロラドスプリングス:佐藤有香(金)
  • 1993年 ソウル:小岩井久美子(金)
  • 2002年 ハーマル:中野友加里(銀) 安藤美姫(銅)
  • 2003年 オストラヴァ:太田由希奈(金) 安藤美姫(銀)
  • 2004年 ハーグ:安藤美姫(金)
  • 2005年 キッチナー:浅田真央(金)
  • 2006年 リュブリャナ:浅田真央(銀)
  • 2010年 ハーグ:村上佳菜子(金)
  • 2015年 タリン:樋口新葉(銅)
  • 2016年 デブレツェン:本田真凛(金) 樋口新葉(銅)
  • 2017年 台北:本田真凛(銀) 坂本花織(銅)

 

世界ジュニア選手権(女子シングル)で初めてメダルを獲得した選手が、伊藤みどりである。
のちに女子選手として初めてトリプルアクセルを決めることとなる彼女であるが(88年に初めて記録)、この当時から天才少女としてその名を知られており、なんと全日本選手権に小学5年生で3位入賞を果たしていたほどだ。
世界ジュニア選手でメダルを獲得するのはその3シーズン後、中学2年生でメダルを獲得している。

80年代にはさらに2人のメダリストが登場!90年代には金メダリストも

88年の世界ジュニア選手権では、八木沼純子・柏原由起子の2人がメダルを獲得している。女子にもレベルの高いジャンプが求められる時代になっていたが、2人とも高いジャンプ技術に加えて優雅な表現力を要しており、伊藤とともに女子フィギュアを引っ張っていく存在となった。

特に八木沼は翌年の世界ジュニア選手権でもメダルを獲得しており、その後の全日本選手権では、毎年のように伊藤と優勝争いをするほどにまでに成長。88年のカルガリーオリンピックには、2人そろって代表に選ばれている。

また90年代には佐藤有香、小岩井久美子の2人が金メダルを獲得した。彼女たちもやはり、ジャンプが大きな武器になった。とりわけ佐藤は3回転ジャンプを含むコンビネーションジャンプが大きな得点源となり、94年の世界選手権でも金メダルを獲得するほどであった。

おすすめの記事