「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【フィギュアスケート男子】世界選手権でメダリストとなった日本人選手

2018 1/19 10:38Mimu
宇野昌磨
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人選手として初のメダリストとなった佐野稔

日本人選手として初めて世界選手権でメダルを獲得したのが、佐野稔だ。佐野が選手として活躍したのは70年代ごろであり、77年に東京で行われた世界選手権で銅メダルを獲得した。

中学生の時から国際大会に出場しており、日本選手権は70年~76年まで7大会連続出場、72年からは5連覇を達成している。世界選手権にも73年から5年連続で出場し、5度目の出場にして悲願のメダル獲得となった。
その後は引退し、プロスケーターや解説者として活躍。現在は日本フィギュアスケートインストラクター協会理事長としてフィギュアの普及に尽力している。

いち早く4回転ジャンプを取り入れた本田武史

佐野以降、男子では長らくメダルを獲得する選手が出なかったが、2002年、25年ぶりのメダルをもたらしたのが本田武史だ。90年代から頭角を現し、98年には長野オリンピックに出場。
2002年にはソルトレイクシティオリンピックで4位に輝いている。同年、世界選手権で佐野稔以来のメダルとなる銅メダルを獲得した。2003年も銅メダルを獲得し、村主章枝や荒川静香らとともに、日本のフィギュア界をけん引する存在となった。

日本人選手としては早い時期から4回転ジャンプを演技に取り入れており、練習ではアクセルを除く5種類の4回転ジャンプを成功させていたという。2003年の4大陸選手権では、1つのプログラムで3度の4回転(2つの4回転トウループと1つの4回転サルコウ)を成功させた。
また、この4回転を軸としたコンビネーションも抜群で、彼の大きな得点源になっていた。

おすすめの記事