「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロは大会に出られない?!フィギュアスケートのプロとアマの違い

2017 3/8 20:01まりも
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sergey Nivens / Shutterstock.com

男女ともに、近年注目度が高まっているフィギュアスケート。オリンピックや世界選手権などの大きな大会で活躍している選手はアマチュアの選手だということを知っているだろうか?フィギュアスケートのプロとアマチュアの違いやプロになるとどうなるのかなど、気になる情報をまとめた。

フィギュアスケートとは

フィギュアスケートの名前の由来は、スケートリンクの上にフィギュア(英語で図形の意)を描くように滑ることからきている。氷上で音楽に合わせて演技を行い、ステップやスピン、ジャンプなどの技術や表現力、芸術性の優劣を競う競技だ。男女のシングルと男女2人で行うペア、アイスダンスの4種目がある。
シングルとペアはショートプログラムとフリー演技、アイスダンスは規定演技のコンパルソリーと準規定演技のオリジナルダンスとフリー演技を行う。

フィギュアスケートでのアマチュアの定義

国際スケート連盟に登録している各国のスケート連盟に加入し、選手登録をしている選手をアマチュアとよぶ。正式にはエリジブル(有資格者)という言い方が使われている。かつては、ISU主催のフィギュアスケートの大会は賞金が出ることはなく、アマチュア選手はアイスショーにでることも禁じられていた。
それにより、メダリストになって知名度を挙げたら即プロへと転向する選手が増えてきた。リレハンメルオリンピックのオクサナ・バイウル選手や長野オリンピックのタラ・リピンスキー選手など、15歳でタイトルを獲得し、そのままプロへと転向する選手も現れた。

おすすめの記事