「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カヌー競技を観戦するときに注目したいポイントなどを紹介

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn / Shutterstock, Inc.

リオオリンピックにおける日本人選手の活躍によって、スポーツとしての「カヌー」の認知度が急上昇しています。 人気選手のメディア露出も増えていますが、競技に関しては、まだ知られていないことも多いのではないでしょうか。 ここでは、カヌー競技観戦のポイント、注目選手などを紹介します。

カヌー「スプリント」の注目ポイント

「スプリント」は、流れがない河川や湖沼などで開催される、静水面上のタイムトライアルです。いかに速くゴールできるかを目指し、直線コースを一斉に漕ぎ進んでゆくスピード感は、他では見られないダイナミックさがあります。また、乗組員数によりシングル、ペア、フォアの区別があり、シングルは個人競技、ペアとフォアは団体競技としての面白さが味わえます。
使用される艇は、座わった状態でダブルブレードパドルで漕ぐ「カヤック」と、片膝立ちで、シングルブレードパドルで片側を漕ぐ「カナディアン」の2種類があり、まったく異なるパドルの動きが見どころです。圧倒的なスピード感と力強さが魅力の「スプリント」では、艇や乗組員数が変わることによる変化も注目ポイントです。

カヌー「スラローム」の注目ポイント

「スラローム」は、コース内に設置されたゲートを通過する技術とゴールまでの所要時間を争う競技です。パドルを駆使して艇を巧みに操り、変化に富んだ急流の中で回転の技を繰り出す場面は必見です。
ゲートには、上流から下流に向かう「ダウンゲート」と、下流から上流に向かう「アップゲート」があり、どちらもほんの少しの接触も許されません。水流に沿った「ダウンゲート」では、瞬時の判断と対応が通過を大きく左右し、急流に逆らって通過する「アップゲート」では、非常に力強いパドルさばきが必要とされるなど、スタートからゴールまで目が離せない場面が続きます。
急流の中で艇をコントロールする技術と、ゴールへ向かって漕ぎ続ける力強さ。どちらも大きな注目ポイントです。

おすすめの記事