「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングのオリンピック日本人メダリスト一覧、注目の3選手も紹介

2020 4/27 13:03SPAIA編集部
ロンドンオリンピックミドル級金メダリストの村田諒太Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ボクシング オリンピック全メダリスト紹介

オリンピックにおけるボクシングの歴史は非常に古く、古代オリンピックで競技として採用されていた。近代オリンピックにおいては1904年セントルイス大会以降、1912年のストックホルム大会を除くすべての大会で、男子のみ実施。

とはいえ、日本人選手の活躍は?と聞かれても、あまりピンと来ないという方も多いのではないだろうか。オリンピックにおける、ボクシングの日本人メダリストを全て紹介する。

【1960年ローマ】
田辺清 フライ級 銅

【1964年 東京】
桜井孝雄 バンタム級 金

【1968年 メキシコ】
森岡栄治 バンタム級 銅

【2012年 ロンドン】
村田諒太 ミドル級 金
清水聡 バンタム級 銅

オリンピックにおけるボクシングの歴史は非常に古く、日本人でメダリストに輝いたのはわずか5人。1960年代には3人のメダリストが誕生したが、その後の大会で日本人選手が勝ち進むことは非常に難しく、メダルを獲得できない時代が続いた。

転機が訪れたのは、2012年のロンドン大会。数多くの強豪がひしめく中で、村田諒太がミドル級で見事に金メダルを獲得し、清水聡もバンタム級で銅メダルを獲得した。これにより、日本男子ボクシングへの注目度が一気に上がった。

過去のメダリストの中から、特に注目された選手3名を詳しく掘り下げてみよう。

日本ボクシング初の金メダル・桜井孝雄

日本男子ボクシングに、初のオリンピック金メダルをもたらしたのが桜井孝雄だった。

「打たせずに打つ」スタイルで相手のパンチを巧みにかわし、冷静でテクニカルな試合運びをする選手として知られており、1964年の東京大会決勝では韓国の鄭申朝に2回1分18秒RSC(レフェリー・ストップ・コンテスト)で勝利し、表彰台の真ん中に立った。

長く「日本のボクシング史上唯一のオリンピック金メダリスト」として知られていた桜井だったが、2012年、新たな金メダリストが誕生する直前に死去。日本ボクシング史上2人目の金メダリストの誕生を心待ちにしていたが、ロンドン大会での新たな時代の到来を目にすることはなかった。

48年ぶり金メダルの村田諒太

桜井に続く「日本人2人目のボクシング金メダリスト」となったのが村田諒太だ。日本ボクシング界にとっては、48年ぶりの快挙だった。

もともと、世界各国の選手層が厚い激戦階級としても知られているミドル級。欧米各国の選手と体格を比較され、日本人は不利とも指摘される。しかし、村田は決勝戦でエスキバ・ファルカンを相手に、判定勝利し金メダルを手にした。

2013年に転向したプロの世界でも圧倒的な強さを見せつけ、WBAミドル級世界王座に就いている。

44年ぶり銅メダルルの清水聡

2012年ロンドン大会で、日本ボクシング史上44年ぶりの銅メダリストに輝いたのは清水聡だ。

2回戦で対戦相手から数多くのダウンを奪い、観客の目にも明らかな試合運びであったが、誤審により判定負け。その後の提訴が認められ、レフェリーは大会からの追放が命じられた。

準決勝で敗退したものの、実力を発揮し銅メダルを獲得。ちなみに彼は、獲得した銅メダルを紛失したことでも話題になったが、騒動の3年後に銅メダルは無事に発見された。

2012年ロンドン大会から女子ボクシングも正式採用され、2016年リオデジャネイロ大会からはプロ選手の出場が解禁された。このように近年大きな動きが続いているボクシングという競技で、今後どのような日本人メダリストが誕生するのだろう。

既に女子からは、フェザー級の入江聖奈とフライ級の並木月海が予選4強入りで、東京2020大会の出場権を獲得している。日本女子ボクシング界初となる、メダリスト誕生の瞬間を見ることができるかもしれない。

【関連記事】
ボクシング五輪存続で金メダルを期待される「アマのモンスター」
ボクシング階級別世界王者一覧、日本選手未踏の階級は?
世界王者を輩出した日本のボクシングジムランキング

おすすめの記事