「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Wリーグ】JX-ENEOS・Wリーグ11連覇 勝負所を熟知したチーム

Wリーグ, 11連覇,JX-ENEOS,佐藤清美,藤岡麻菜美,三菱電機,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

前人未到のWリーグ11連覇

ついにWリーグもファイナルを迎えた。今季の顔合わせは、11連覇を狙うJX-ENEOSと1967年の日本リーグ創設からトップリーグに参戦し、まだ優勝経験がない三菱電機となった。

第1戦を91-68で圧勝したJX-ENEOS。第2戦も出だしから好発進し、#52宮澤夕貴、#11岡本彩也花らが得点を重ねていく。1Qを6点リードしたJX-ENEOSは、2Qに入っても宮澤や#1藤岡麻菜美がリングに向かってアタックすると、#10渡嘉敷来夢もゴール下から得点。三菱電機は#4根本葉瑠乃、#45渡邉亜弥がバックコートから一人で持ち込んでいくシーンを作るが、得点には繋げることができない。反してJX-ENEOSは宮澤が3pを沈めて12点リードとした。さらに終盤に向かってアタックを続けたJX-ENEOSはリードを広げて、43-27で前半を折り返した。

後半、JX-ENEOSは#33梅沢カディシャ樹奈がスティールを決めて、流れを作ろうしたが、その後の攻撃で藤岡がパスミスをする。このタイミングで佐藤清美HCは、シックスマン#12吉田亜沙美を投入。リズムを掴み直そうとしていたものの、勢いに乗っていた三菱電機の渡邉と根本が3pを沈めて一気に6点まで差を詰めて3Qを終了した。

Wリーグ, 11連覇,JX-ENEOS,佐藤清美,藤岡麻菜美,三菱電機,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


4Qに入っても三菱電機は、渡邉の速攻から4点ビハインドまで迫り、射程圏内に入れてきたが、JX-ENEOSも踏みとどまり、三菱電機は残り7分にタイムアウトを請求。今度はJX-ENEOSが勢いを取り戻し、三菱電機も最後まで抵抗していたものの、82-76でJX-ENEOSが勝利。JX-ENEOSは、女子日本バスケットボールトップリーグの最多記録となる、Wリーグ11連覇を達成した。

おすすめの記事