「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【Wリーグファイナル展望】前回王者JX-ENEOS vs.初優勝を狙う三菱電機

Wリーグ,ファイナル, JX-ENEOS,三菱電機,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

ファイナルの顔合わせ 11連覇を狙うJX-ENEOSと初優勝を目指す三菱電機

Wリーグはセミファイナルが終了し、結果は以下の通りとなった。

JX-ENEOS(2勝)(81-54,80-60)デンソー(2敗)
三菱電機(2勝1敗)(81-58,65-75,75-71)トヨタ自動車(1勝2敗)

よって、ファイナルに進出する2チームは11連覇がかかるJX-ENEOS、初優勝を狙う三菱電機である。JX-ENEOSは、2試合とも失点を60点台に抑え、攻撃面でも#10渡嘉敷来夢ら計4選手が2試合連続で2桁得点を獲得し80点台と安定した戦いぶりを見せた。

三菱電機は、レギュラーシーズンで勝てなかったトヨタ自動車相手に、第1戦を大差で勝利したのが大きかった。トヨタ自動車#0馬瓜エブリンに21得点を許したものの、スタート5で出場した5選手が全員2桁得点を達成。トヨタ自動車を58点に抑えたことも大きかった。

おすすめの記事