「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

吉田亜沙美が引退 強い「気持ち」でつないだ現役生活に終止符

バスケットボール,Wリ―グ,吉田亜沙美,引退,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

日本代表主将として五輪ベスト8、JX-ENEOSで優勝に多大なる貢献

日本代表や所属するJX-ENEOSで司令塔として活躍した吉田亜沙美が、13シーズン過ごした現役生活に別れを告げた。

吉田は1987年10月9日生まれの31歳。東京成徳大高を卒業後、WリーグのJX-ENEOSに入団。「入団した時点でもう出来上がっていた」と佐藤清美監督がコメントするぐらい、すでに選手として完成されていた。

JX-ENEOSに入団後、Wリーグ12回、皇后杯10回の優勝に貢献。今季も皇后杯6連覇、Wリーグでは前人未到の11連覇を達成したことは記憶に新しいところ。

バスケットボール,Wリ―グ,吉田亜沙美,引退,Ⓒマンティー・チダ

Ⓒマンティー・チダ


さらに、日本代表としてもリオデジャネイロ五輪では主将を務め、チームの司令塔としてベスト8入りに貢献した。

おすすめの記事