「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「華麗にかわす!」バスケットボール バックビハインドが得意な選手

2017 7/12 14:39おしょう
バックビハインド
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock / Shutterstock.com

バスケットボールのドリブルの中でもひときわ華麗なプレイ、バックビハインド。しかしプレイ中にするには難しく、難易度の高いスキルなのだ。 今回はバックビハインドが得意な選手を紹介する。

バックビハインドとは

相手ディフェンスから見て、身体の後ろ側を通してドリブル中に反対の手に持ち替えるテクニックだ。ディフェンスからボールが見えなくなるので、スチールをしにくいスキルでもある。ディフェンスがスチールを狙ってきた時にかわすことも可能だ。しかし、ボールを見ずに扱うため難易度が高く、瞬時に繰り出さなくてはいけない場面が多いので判断力も問われる。

「天性のパスセンス」ジェイソン・ウィリアムス選手

一般的に、ドリブルは低い方が良いというのが定説だったが、ウィリアムス選手は姿勢の高いドリブルを得意としていた選手だ。ストリートボールのようなプレイスタイルで、相手を惑わすプレイで活躍していた。記録には乏しい選手かもしれないが、プレイのインパクトは強く、「記録よりも記憶に残る選手」の代表格と言える。
ウィリアムス選手のバックビハインドは、フェイントでバックビハインドパスを交えたり、肘に当ててパスの軌道を変えたりと、変則的な動きが多く予測不可能なものだった。

おすすめの記事