「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

車椅子バスケ日本代表の現状は?ライバルとなる強豪国も紹介!

2017 4/12 21:06出井章博
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ververidis Vasilis / Shutterstock.com

2020年東京パラリンピックで悲願のメダル獲得を目指す車椅子バスケ男子日本代表。車椅子バスケ女子日本代表も2000年以来のメダル獲得を狙う。そこで世界の舞台で日本のライバルとなる車椅子バスケの強豪国を4か国紹介する。

車椅子バスケ発祥の地!アメリカ合衆国

車椅子バスケの本場と言えば、アメリカ合衆国。発祥の地であるだけあって、パラリンピックでも優れた成績を残している。
車椅子バスケ男子日本代表の香西宏昭選手がイリノイ大学に進学していたが、アメリカは大学の車椅子バスケチームもたくさんあり、NBAのチームの多くも車椅子バスケのチームを傘下に持っている。プロとして車椅子バスケの受け皿があるので、以前に事故に遭ったフェニックス・サンズの選手が車椅子バスケのプロ選手になるなど、車椅子バスケの普及や受け皿においても世界随一だ。
男子はパラリンピックで6大会で金メダル、女子は4大会で金メダルを獲得している。2016年リオパラリンピックで男女ともに金メダルを獲得し、2020年東京パラリンピックでも男女とも優勝候補筆頭のチームだ。

もう1つの発祥の地!イギリス

アメリカと同じように、発祥の地の1つに数えられることもあるイギリスも、車椅子バスケの本場だ。車椅子バスケ男子イギリス代表は、1960年のパラリンピック初大会以来全ての大会に出場している。
特に男子代表は1960年、1964年、1996年と3度の銀メダルに輝き、2016年リオパラリンピックでも銅メダルに輝いている。イギリスはサッカーのプレミアリーグと同じように各都市に車椅子バスケのチームがあり、車椅子バスケの裾野の広さがある。近年、男子代表は金メダルから遠ざかっているが、2020年は悲願の金メダル獲得を狙う。

おすすめの記事