「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテが新・勝利の方程式「SKM」確立、上位進出へ投手陣の運用がカギ

2019 5/15 07:00浜田哲男
野球ボールⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

GWから始まった快進撃

一時期はリーグ最下位だったロッテ。日本ハムと西武にスイープされるなど開幕直後は苦しい戦いが続いていたが、ゴールデンウィークに突入すると同時に快進撃が始まった。

27日からの楽天3連戦を3連勝して波に乗ると、続くオリックス戦こそ負け越したものの、日本ハム戦では今季防御率0点台で無敗を誇っていた有原航平を攻略するなど勝ち越しに成功。さらに、今季未勝利だった西武戦では、昨季から大の苦手としていた西武の榎田大樹も攻略し連勝。その後に乗り込んだ福岡でもソフトバンクに勝ち越すなど、最近14試合で10勝4敗と一気に借金を完済した。

要因として考えられるのは、開幕から好調を維持するレアードや主砲の井上晴哉の完全復調、リードオフマンの荻野貴司、打率を3割に乗せてきた鈴木大地など打撃陣の好調もあるが、新しく確立された勝利の方程式「SKM」の存在が大きい。7回を酒居知史、8回を唐川侑己、9回を益田直也。盤石の投手リレーがロッテの快進撃を支えている。

おすすめの記事