「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

昨季は61年ぶりの珍事も…左の長距離砲には「鬼門」の甲子園球場

2019 3/17 07:00SPAIA編集部
阪神甲子園球場,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

右中間・左中間が極端に深い特殊なグラウンド形状

選抜高校野球大会の開幕が迫る阪神甲子園球場。2017年夏の第99回選手権大会では68本塁打の大会新記録が飛び出し、空中戦が目立っている高校野球。では、阪神がホームとして使用しているプロ野球ではどうだろう。今回はグラウンドで生まれる様々なデータから、この球場の特性を探ってみたい。

阪神甲子園球場

※PFはパークファクターの略で、相対的な「本塁打の出やすさ」や「得点の入りやすさ」を球場ごとに比較することができる指標。

甲子園と聞けば、美しい天然芝が深々と広がる外野グラウンドをイメージする方が多いだろう。ホームから外野フェンスまでの距離は両翼95メートル、中堅118メートルと、横浜スタジアムとほぼ同じ。更に、中堅フェンスは120メートルの神宮球場よりも前。最も外野が狭く、本塁打が出やすい部類に入る2球場とそれぞれの箇所における寸法はあまり変わらない。

しかし、甲子園は右中間・左中間の膨らみが極端に深く、中堅から真横に近い方向へフェンスが広がっていく特殊な形状をしている。右翼から左翼方向へ吹く強烈な浜風も重なり、ポール際以外は完璧に捉えた当たりでないとなかなかフェンスを越えてくれないのが実情だ。

おすすめの記事