「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

DeNA・筒香の21二塁打は12球場最多 横浜スタジアムは名実ともに打者有利な球場

2019 3/13 07:00SPAIA編集部
横浜スタジアム,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

本拠地12球場の中で最狭となる「ハマスタ」

横浜DeNAベイスターズの本拠地である横浜スタジアムは1978年4月に開場した。現在、12球団の本拠地として使用されている球場としては阪神甲子園球場(1924年8月)、明治神宮野球場(1926年10月)、楽天生命パーク(1950年5月)に次いで4番目に古い球場だ。

開場当時からDeNAの前身である横浜大洋ホエールズが本拠地として使用してきた。以後、球団の親会社は変わりながらも本拠地として使用され続けており、ファンからは「ハマスタ」の愛称で親しまれている。

横浜スタジアム

※PFはパークファクターの略で、相対的な「本塁打の出やすさ」や「得点の入りやすさ」を球場ごとに比較することができる指標。

親会社がDeNAとなった2012年以降、トイレの改修であったり、座席の色(オレンジから青)を変更したりと手が加えられている。2019年シーズンからは右翼スタンド後方に「ウイング席」を新設。2020年の東京オリンピックでは野球以外に、ソフトボールの会場となることから今後も改修は続いていく予定だ。

2018年シーズン終了までに2497試合の公式戦が行われており、通算本塁打数は4852本。1試合平均では1.94本となっており、現在本拠地として使用されている球場の中では4番目に高い数値だ。

中堅までの距離118メートルは阪神甲子園球場と並び、右翼・左翼への距離94メートルは最も短い距離となっている。この数値からサイズ的に小さい球場ということがわかる。

おすすめの記事