「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1980年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 10/13 10:05cut
野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

1989年:下位指名からメジャーリーガーが誕生

野茂英雄選手に史上最多となる8球団が1位入札を行った1989年ドラフト会議。抽選の末に、近鉄バファローズが野茂選手の交渉権を獲得した。その他にもこの年は後の名選手が多く誕生している。
1位指名では佐々岡真司選手(広島)、与田剛選手(中日)、佐々木主浩選手(横浜大洋)、潮崎哲也選手(西武)、小宮山悟選手(ロッテ)が名を連ねた。
また、そのほかにも古田敦也選手(ヤクルト・2位)、前田智徳選手(広島4位)らがプロ入りを果たしている。

このように上位陣が大豊作となった1989年のドラフト会議だが、下位指名からもメジャーリーガーが誕生している。それは、阪神タイガースが5位で指名した新庄剛志選手だ。西日本短大附属高校から阪神入りした新庄選手は、高卒ということもあり、ルーキーイヤーの1990年は一軍出場はなかった。デビューを果たしたのは2年目の1991年で、この年は13試合に出場し初安打をマークすると、翌1992年には95試合に出場した。
規定打席には届かなかったものの、打率.278(353打数98安打)、11本塁打をマークした亀山努選手と「亀新フィーバー」を巻き起こした。以降2000年まで阪神で活躍し、翌2001年から3年間に渡りメジャーリーグを経験。2004年から2006年までは北海道日本ハムファイターズでプレーし、パリーグを盛り上げている。
数々のパフォーマンスで球場を盛り上げた新庄選手もドラフト時は5位という低評価だったのだ。

おすすめの記事