「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

まさに日本球界を代表するエース!新潟県出身の現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
新潟県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

オリックスバファローズに在籍し、今やチームになくてはならない大エースに成長した金子千尋投手は、小学生時代に長野県に転校しており、新潟には10年ほどしか住んでいない。 しかし、実は誰よりも熱い故郷愛を持っていることを、プロでの実績とともに今回紹介していく。

金子千尋投手のアマチュア時代の歩みを振り返る

新潟県三条市に生まれた金子投手だが、小学校4年生の時に父の仕事の関係で長野県に転校。野球もその時期に本格的に始めた。長野商業高校で野球部に在籍した彼は、2年時に甲子園出場経験もあるが、2回戦で敗退したものの、県予選では7回参考記録ながらノーヒットノーランを記録。投手として実績を積み上げていく。
高校卒業後はトヨタ自動車に入社し、社会人野球にも参加。抑えとして都市対抗野球にも出場した。そして、2004年ドラフトにおいて、近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブの合併により誕生した新球団、オリックスバファローズに自由獲得枠として指名され、新球団の第1期生として入団した。

プロでの輝かしい実績を余すところなく紹介

希望を胸に入団会見を行った金子投手だが、その直後に右肘の故障が判明し、1年目はその治療に専念する。回復が見られ始めたシーズン終盤にはウエスタンリーグで調整登板し、勝敗はつかなかったものの防御率0.62という優秀な成績を残した。
2年目から中継ぎとして徐々に頭角を現し、先発も7試合経験。計6勝を挙げ、飛躍が期待される。そして2008年には開幕投手に抜擢、7回1失点で初勝利を挙げるとローテーションの軸として活躍を見せた。防御率は4点台に近く、安定感は欠いたものの自身初の10勝を達成。エースとして認知されるようになるのだ。

おすすめの記事