「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

剛腕うなる本格派守護神!栃木県出身の現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
栃木県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

入団当時は先発の柱として、そして現在は守護神として八面六臂の活躍を見せる読売ジャイアンツの澤村拓一投手は、地元である栃木県において積極的な社会貢献もしている。 今回はそんな澤村投手の実績と地元での活動を紹介していく。

少年時代から個性的だった澤村投手のアマチュア時代

栃木市出身の澤村投手は、小学校2年生の時から野球を始め、6年生時には投手に専念する。この頃から自己主張が強く、理想的なフォームを追い求めるなど、自分のピッチングに徹底したこだわりを持っていた。佐野日本大学高校野球部時代には3番手の扱いで登板機会がなく終わってしまったものの、中央大学進学後にその才能が開花する。
2年生時に初先発の機会が与えられると、いきなり初完封勝利を飾り、一気にエースの座をつかむ。しかし、とにかく速い球を投げることにこだわり、制球力や変化球の習得をおざなりにしていたので、監督やチームメイトから苦言を呈されていた。彼自身も3年生の頃から徐々に周囲の意見を取り入れるなど成長の跡を見せ、ピッチャーとして完成の域に近づいていく。 そしてついに2010年、読売ジャイアンツにドラフト1位で指名され、プロ入りを果たした。

新人王も獲得した先発時代の澤村投手の初期の活躍と成績低迷

ルーキーイヤーとなる2011年は開幕一軍入りを果たし、2試合目の先発で早くもプロ初勝利を挙げる。しかし、その後は安定したピッチングを披露するものの打線の援護に恵まれず、負けが先行してしまった。それでも9月にはようやく投打がかみ合い5勝1敗と復調。結局この年は11勝11敗の成績で、新人王を獲得した。
2年目も先発として10勝を挙げるものの10敗を喫し、前年と同じく貯金ゼロに終わる。この頃から「相手を力でねじ伏せる」ことを至上命題として、上半身の筋力強化をはじめとして徹底的な肉体改造に取り組むようになったが、全身のバランスが悪くなり、投球も不安定化。以降は成績が低迷してしまう。

おすすめの記事