「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

長年一流選手を輩出するエリア!福島県出身の現役プロ野球選手を紹介

2017 8/3 12:53TANANA
福島県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by srattha nualsate / Shutterstock.com

福島県出身のプロ野球選手には、かつて一時代を築いた大エースの江川卓氏、絶好調を合言葉にチームを引っ張った中畑清氏(いずれも読売ジャイアンツ所属)など、一流選手がたくさんいる。 今回は現役の中でも今後の飛躍が期待される選手を紹介していく。

粒ぞろいで活躍が楽しみな選手を余すところなく紹介!

今回紹介するのは特に注目度の高い3選手だ。 まずは高校、大学時代と知名度をあげ、プロでは中継ぎとして活躍する東北楽天ゴールデンイーグルスの横山貴明投手。
次に高校時代は4番を務めるなどパンチ力のある打撃がセールスポイント。プロ3年目の2016年にようやく初の一軍入りを果たし、今後の活躍が期待されるオリックスバファローズの園部聡選手。
最後は高校時代にノーヒットノーランを達成、プロ1年目からロングリリーフなどで活躍を見せたオリックスバファローズの赤間謙投手だ。 この3人の球歴を以下に見ていこう。

アマチュア時代から評判だった素質の高さ!横山貴明投手

双葉郡浪江町出身の横山貴明投手は、小学校時代から野球を始め、当初は内野手だったが中学時代に投手に転向。春夏甲子園15回以上出場経験のある名門聖光学院高校に進学し、自身も3回甲子園に出場するものの、目立った活躍はできなかった。
その後、早稲田大学に進学すると、主に救援投手として通算26試合に登板してチームを支える。そして2013年のドラフト会議で東北楽天イーグルスに6位指名され入団した。
ルーキーイヤーは8月に一軍登録されると、初登板ではわずか1球でプロ初勝利を挙げる珍記録を残した。このシーズンは4試合に登板。2年目、3年目は一軍と二軍を行ったり来たりするなど安定した活躍はできていないが、登板試合数も徐々に増えてきており、今後の躍進が期待されている。

おすすめの記事