「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

FA選手のランクとは?補償内容がランクで変わる?

2019 10/16 17:00SPAIA編集部
ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエージェント(FA)とは

フリーエージェント(FA)とは、他球団と自由に交渉できる権利を指す。本来選手は自分が所属している球団としか交渉できないが、FA権を取得すれば、他球団と交渉ができるのだ。

2018年はこの制度を利用して4人の選手が移籍した。丸佳浩が広島から巨人へ、浅村栄斗が西武から楽天へ、炭谷銀仁朗が西武から巨人へ、西勇輝がオリックスから阪神へ移った。

彼らの移籍報道を見て、何か気にならないだろうか。選手たちがAランクやBランクと呼ばれ、選手のランクによって人的補償などが発生する。ランクは一体どのようにして決まるのか。

選手のランクはチーム内の年俸順で決まる

FA選手のランク付けでは、移籍前の球団内の旧年俸が日本人選手上位3位までならAランク、4位から10位まではBランク、そして11位以下の選手はCランクと決められている。

2018年シーズン、丸の所属していた広島の年俸ランキングは下記の通りとなっている。

(クリス・ジョンソン 3億4500万円)
1位 丸佳浩 2億1000万円
2位 菊池涼介 1億9000万円
3位 田中広輔 1億4000万円

外国人選手の年俸は考慮されないため、丸はチーム内で1番目、3位以内で、Aランクに該当したとみられる。

また、浅村の所属していた西武の年俸ランキングは下記の通り。

(エルネスト・メヒア 5億円)
1位 中村剛也  2億8000万円
2位 菊池雄星 2億4000万円
3位 秋山翔吾  2億2000万円
4位 浅村栄斗  2億1000万円

3位の秋山に1000万円の差であり、丸と額は同じだが、浅村はチーム内4位なのでBランクだったとみられる。

おすすめの記事