「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

FA選手のランクとは?補償内容がランクで変わる?

2017 8/17 16:20Mimu
会見
このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエージェント(FA)とは

フリーエージェント(FA)とは、他球団と自由に交渉することができる権利のことを言う。本来選手は自分が所属している球団としか交渉できないのだが、FA権を取得することで、他球団へと交渉することができるのだ。
2016年もこの制度を利用して5人の選手が移籍した。糸井嘉男選手がオリックスから阪神へ、森福允彦選手がホークスから巨人へ、山口俊選手がDeNAから巨人へ、陽岱鋼選手が日本ハムから巨人へ、そして岸孝之選手が西武から楽天へ。また移籍はしていないものの、同じく西武の栗山選手もFA宣言をしてチームに残留することが発表されている。
しかしニュースなどで彼らの移籍報道を見て、何か気にならないだろうか?選手たちがAランクやBランクと呼ばれ、選手のランクによって人的補償などが発生するというのだ。いったいこのランクとは何なのだろうか?どのようにして決まるのだろうか?

選手のランクはチーム内の年俸順で変わる

このFA選手のランクというのは、移籍前の球団内の"日本人選手"を旧年棒で上位から並べた時、上位3位までをAランク、4位~10位までをBランク、そして11位以下の選手がCランクといった感じで決められている。
例えば2016年にFA移籍した選手の中では岸選手がAランクだが、2016年シーズンの西武ライオンズの年棒を上から順番に並べると

1位 中村剛也 4億1000万
(エルネスト・メヒア 2億5000万)
2位 岸孝之 2億2500万
3位 栗山巧 2億

となっている(金額は推定)。つまり岸選手はチーム内で2番目の年俸なのでAランクと定められている。またこの基準では外国人選手の年棒は考慮されないため、もし栗山選手が移籍していたとしてもAランクの選手として扱われていた。
また同様にBランクの選手として移籍した糸井嘉男選手のオリックス内での年俸ランキングを見てみると、

1位 金子千尋 5億
2位 中島宏之 3億5000万
3位 平野佳寿 3億
4位 糸井嘉男 2億8000万

となっている。2000万の差だが、チーム内4位ということでBランクだ。

おすすめの記事